情報やコミュニケーションから解放され、深く集中できる時間を作ろう

ビジネスにおける集中力
スポンサーリンク

人は、深い集中に入るために23分間必要と言われています。しかし会社で働く多くの人は、数分おきに誰かに話しかけられたり、メールや電話、SNSの通知が飛び込んでくるでしょう。多くの仕事をこなす方ほど人とのコミュニケーションも多くなると思いますが、そのような方は、実のところ一日に一回も集中できていないかもしれません。

23分間の集中時間の有効性については、こちらの記事で詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

「時間を上手に使おう。作業時間を分割して集中力を高める方法。」

また現代において人は、一日の多くの時間をPCやスマホを見ながら過ごしているとも言われています。その中でもスマホのSNSは依存度が高く、メディアでも、社会問題として紹介されているのを目にします。

今回は、時間の使い方について考え、以下に集中する時間を作るかということについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

集中力を高める「デジタルデトックス」とは

情報媒体に振り回されないようにするために効果的なこととして、Wi-fiをOFFにするという方法があります。思いきって情報を取り入れない時間を作ることで、しっかりと集中して考える時間を作ることが出来ます。

もちろん一日中全く情報を取り入れないというわけであありません。一日の内で情報を取り入れずに集中する時間と、情報をインプットする時間をしっかりと区別することが大切なのです。

情報のインプットは、細切れよりもまとめて取り入れたほうが時間的に効率がいいです。メールやSNSの確認をしていると、いつのまにかネットサーフィンをしてしまっているという場合もあるかもしれません。このような場合にも、メールやSNSを確認する時間を決めることが大きな効果を発揮します。

返事が遅れることで初めは相手ももどかしさを感じるかもしれませんが、常に同じように時間を決めて確認し返事をするように習慣づけるようにすることで、次第にあなたのパターンを理解してくれるようになります。集中して仕事をするためには、このような方法も一つの手ではないでしょうか。

また、デジタルデトックスは仕事中に限ったことではありません。近年では便利なSNSが多く復旧し、仕事のコミュニケーションツールとしても活用されています。これにより、就業時間外や休日にも仕事の連絡がはいることが増えています。

人は休むことも、集中力を維持する上で重要な役割を担っています。しかし、休むべき時間を仕事の連絡で妨げられることで、仕事における集中力を低下させる要因となります。wi-fiをOFFにして休む時間をつくることも、集中力を高めるための習慣作りとして大いに効果を発揮することでしょう。

コミュニケーションが集中を妨げる?

次に、コミュニケーションについても考えてみます。人は、想定しない出来事が起きると、集中が妨げられてしまいます。仕事中に話しかけらえることはもちろん、同僚や上司が後ろから近づいてくるだけでも集中力というのは途切れてしまいます。もちろん、コミュニケーションによって多くの情報を取り入れ、それが仕事にプラスに働くこともありますが、集中することが必要な時間には、コミュニケーションが大きなマイナス要因となってしまうのです。

こちらの問題においても、やはり集中する時間とコミュニケーションの時間はしっかりと分けることが大切です。そのためにできることとして、集中したいときには仕事の場所を変えたり、毎日の集中する時間を決めて公言することが効果的です。そうすることで、他者に、あなたが今集中しているということを理解してもらうことが出来、想定外の出来事を予防することが出来るのです。

集中しやすい環境としては、後ろが壁の席がおすすめです。仕事をしているとき、後ろから誰かに見られているのではないかという不安があると集中しにくくなるのではないでしょうか。後ろが壁であれば、このような心配をする必要はなく、しっかりと集中して仕事をすることが出来るでしょう。

今回は、時間の使い方に目を向けて、情報のインプットと集中する時間のメリハリをつける方法を紹介しました。今回のブログを参考に、自身に合った集中できる環境を見つけていただけたらと思います。

コメント