音と聴覚の関係、リラックス効果のある音で集中力を上げよう。

ビジネスにおける集中力
スポンサーリンク

学生時代、テスト期間は音楽を聴きながら勉強していたという方も多いのではないでしょうか。

全く何も音のない静かなほうが集中できるという人もいれば、ある程度の雑音があったほうが集中できるという人もいます。スポーツ選手など、音楽を聴いてテンションや集中力を上げるという人がいるのもそのためです。

今回は、聴覚と集中力の関係と、より集中力を高めるための方法について考えます。

スポンサーリンク

「音楽は集中に効果があるのか?」について考える。

先にも紹介したように、静かな不が集中できる人もいれば、音楽がある方が集中できる人もいて、どちらがいいかというのは人それぞれです。しかし、人によっては音楽が集中に効果があるというのもまた事実です。

ただし、この音楽は、なんでもいいということではありません。まず、好みでない音楽であれば、リラックス効果を期待することは出来ませんから、大前提として自身の好きな音楽である必要があります。

集中とリラックスの関係については、こちらの記事で詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

「真の「集中」とはなにか?没頭とリラックスのバランスが大切である。」

また、歌詞のある音楽よりは、歌詞のない音楽の方が集中には効果的であると言えます。歌詞のある音楽では、どうしてもそちらに気をとられてしまい、むしろ集中の妨げとなってしまう可能性があるからです。

このようなことから音楽で集中力を上げるといっても、様々な人が集まるオフィスなどの場では、BGMとして音楽を流す場合、好みの分かれやすい音楽は避けたほうがよいかもしれません。

集中力を高めるいろいろな音を紹介

なかなか集中できないときに集中力を上げることが出来る音として、「ホワイトノイズ」というものがあります。これは、様々な周波数の音が含まれており、周囲の音を特定しにくくすることで集中に導いてくれる音です。

しかし、この「ホワイトノイズ」は、なかなか集中できないときには大きな効果を発揮しますが、既に集中しているときや、集中力が高い人には逆効果となってしまうようです。どうしても集中できないときに「ホワイトノイズ」で集中力を高め、集中力が上がってきたら、タイマー機能などで「ホワイトノイズ」止めるなどの工夫をするとよいと思います。

また、他にも自然に存在しながら人には聞こえない音を活用した「ハイレゾ音源」というものもあります。これは「非可聴域」と呼ばれる音を使い、それを感覚的に感じ取ることでリラックス効果を得られるというものです。この音にも個人の好み、個人差はあるようですが、個人レベルで集中したいときに活用するには非常に効果のある方法と言えます。

今回は、集中力と聴覚の関係、集中力を上げるための方法について紹介しました。「自身の好みの歌詞のない音楽」「ホワイトノイズ」「ハイレゾ音源」など、自身の数中に合った音を活用してみてください。ただし、多くの人が集まる場で流すのは周りの人に迷惑になる可能性もありますので、イヤホンで聞いたり、一人でいるときのみ活用するなど注意は必要です。

コメント