LINE 新コンテンツ LINEノベル LINEの使い方やコンテンツ

時事
スポンサーリンク

4月16日、LINEの新サービスとして、小説プラットフォーム「LINEノベル」のサービスを開始することが発表されました。

LINEスタンプ、LINEマンガ、LINE MUSICに続く新コンテンツとなり、LINE、日本テレビ、アニプレックスの3社の協業によって「令和小説大賞」が開催されることも決定しました。

令和小説大賞アンバサダーとして、乃木坂46の高山一実さんが選ばれています。

この記事では、新コンテンツであるLINEノベルについてや、その他LINEのコンテンツについてまとめます。

スポンサーリンク

LINE 新コンテンツ LINEノベルとは

LINEの新コンテンツとして発表された「LINEノベル」、サービス開始は2019年夏より、無料でサービス開始となるようです。

LINEには他にも様々なコンテンツがありますが、テキストコンテンツの需要が多いとし、取締役の舛田氏は、「人が作り出す新しい物語やストーリー、それを読んだ人の感情が、文字を通して時代とともに感じられるような新しい文化として成長させたい」と話します。

新たに「LINE文庫」や「LINE文庫エッジ」を創設し、出版社による既存の作品以外も楽しむことが出来るようです。

新たに開催が決まった文学賞「令和小説大賞」では、日本テレビやアニプレックスのプロデューサーが審査員を務め、アンバサダーとして乃木坂46の高山一実さんが選ばれています。

応募期間は4月16日から9月30日までとなっています。

LINE 新コンテンツ LINEノベル 世間の評価は?

さて、新たに開始される新サービス「LINEノベル」について、ネットではどのような評価がされているのでしょうか?

最も支持を集めている評価の一つとして、

「昔でいうところの「ケイタイ小説」みたいなもの?若い世代が創作文に触れアウトプットの機会が増えるのは良いことだと思います。出版社の垣根がなくカジュアルに使えるのも良さそう。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190416-00010022-realsound-ent

という意見があります。

手軽に小説に親しむことが出来るという点に注目が集まりそうですね。

他にも複数の意見がありますので、いくつか見てみましょう。

「純粋な日本企業がこういうサービスを始めて欲しかった 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190416-00010022-realsound-ent

「この仕組みだと間で入るLINEが自らのネットワークでステマし放題で人気も操作できちゃうね 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190416-00010022-realsound-ent

「LINE文庫は一般文芸でエッジのほうはラノベ+ライト文芸って区分けなのかな?一般文芸でも好き嫌いが分かれる内容と文体リズムの原田マハはともかく「キンキンキンキン」に代表するラノベと「ハルヒ」「〈物語〉シリーズ」「幼女戦記」「青ブタ」「ビブリア」などラノベ嫌いな大人でも読みやすいライト文芸は分けるべきだと思うけど 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190416-00010022-realsound-ent

など、「LINEノベル」の今後について様々な意見となっています。

LINE 新コンテンツ LINEの使い方やコンテンツ

さて、ここで「LINE」のそのほかのコンテンツや使い方についても見てみましょう。

LINEスタンプ

LINEスタンプとは、LINE上での会話「トーク」において、手軽にスタンプを使って気持ちや思いを伝えることが出来るというサービスです。

スタンプはデフォルトで用意され無料で使えるものから、購入して使用できるものなど様々です。

また、スタンプを自身で作成して販売できるといったサービスもあります。

LINEマンガ

LINEマンガとは、その名の通りLINEでマンガを読むことのできるサービスです。

出版社が提供しているマンガから、ユーザーがオリジナルで作成したマンガまで、実に様々なマンガをあの市むことが出来ます。

毎日無料のマンガも更新されており、課金チケットなしで読むことが出来るので、手軽にマンガを楽しむことが出来るサービスとなっています。

LINE MUSIC

LINE MUSICとは、LINEが提供する音楽再生アプリです。

LINE MUSIC上で再生することのできる音楽が配信されており、ユーザーは音楽をダウンロードして聞いたり、お気に入りのプレイリストを作ったりして楽しむことが出来ます。

また、ダウンロードした音楽を自身のLINEのプロフィールページに設定することで、自身やほかのユーザーがプロフィールページを開くとその音楽が流れだすという機能も備えています。

このように様々なユニークなサービスを提供する「LINE」ですが、今回ここへ「LINEノベル」が加わることで、ユーザーの「LINE」の使い方がどのように変化するのか?

今後もLINEのサービスから目が離せませんね。

コメント