絶滅してほしい生物図鑑 ツイッターで話題の企画作品 作者の氏田雄介とは?

ネット・企画
スポンサーリンク

現在ツイッター上で、「絶滅してほしい生物図鑑」という企画作品の投稿が大きな話題を呼んでいます。

「あたりまえポエム」やこの記事では、「54字の物語」でも注目の作者・氏田雄介さんの新企画「絶滅してほしい生物図鑑」についてまとめます。

また、併せて作者の氏田雄介さんについても詳細に見ていきます。

スポンサーリンク

絶滅してほしい生物図鑑 ツイッターで話題の企画作品

現在ツイッター上では、「あたりまえポエム」や「54字の物語」等でも知られる氏田雄介さんの企画作品「絶滅してほしい生物図鑑」が大きな話題を集めています。

この企画ツイートは、先月23日から24日の2日間にわたって投稿されたもので、作者である氏田雄介さんの奇抜なアイデア溢れる6種類のイラストで構成されています。

この企画で投稿された6種類の「絶滅してほしい生物」について見てみましょう。

シュゴデカウルス

普段から話の主語がでかすぎる恐竜として、「男という生き物は・・・」「女という生き物は・・・」など、いつもデカすぎる話題を持ち出す人を皮肉交じりに表現しています。

カサウシロフルス

傘を横向きに持って前後に振って歩くとして、非常に危険な行為に注意喚起をするかのような恐竜となっています。

ステルスバナー

普段は見えないが、突然ふわっと現れる広告類生物とし、普段は億劫に感じがちなバナー広告への印象をを表現しています。

イシナ原人

燃えているものを見つけると遠くから石を投げつけるとし、炎上している話題を見ると、ネットを介した遠い場所からヤジを飛ばして楽しむ現代人を「旧人類」と皮肉っています。

マナーキビシ杉

「ああしないといけない」、「こうでないといけない」など、奇妙で細かすぎるルールに支配されている現代人を針葉樹林に例えています。

古い世代から、当の本人たちの時よりもさらに細かく厳しすぎるマナーやルールを押し付けられる若い世代は委縮して成長できないと皮肉交じりに表現しています。

ウッカリ湿原

分かっていてもウッカリ不適切発言を漏らしてしまうという、今最も世間で騒がれている「失言問題」を皮肉まじりに表現しています。

マニュアルがあったり、分かっていても攻略・防ぐことは難しいと、まさに昨今の謝罪問題を表しているかのような作品となっています。

などなど、現代の世の中を皮肉交じりに表現し、おもわず「あるある」とうなずいてしまいそうな面白さが多くの人を引き付けています。

これにはツイッター上でも、「うまい」「すごい分かります」等の反響が巻き起こっています。

その反響をいくつか見てみましょう。

など、企画に対する感想や、

などなど、氏田雄介さんのアイデアに対し、「あるある」と共感するコメントなどが見られます。

この企画投稿が話題を呼び、既に4万8千リツイート、16万8千いいねを獲得する話題となっています。

絶滅してほしい生物図鑑 世間の反響は?

氏田雄介さんの企画作品「絶滅してほしい生物図鑑」に対し、ネットでは大きな反響を呼んでいます。

その中でも、特に支持を集めているもののひとつとして、

「傘は体の1部です…そして振って歩く人は気がついてないんですよね。これを見て気がついてくれる人がいればいいな。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190609-00000003-withnews-sci

というコメントがあります。

カサウシロフルスに対するコメントとなっており、実際にこのような行為を気づかずに行ってしまっている人は多いといい、この企画をきっかけに気づいて治してほしいというコメントとなっています。

また、ネットではほかにも多くおコメントが寄せられており、

「この時期は是非、駅や人の多い所のポスターやACで採用されて注意喚起してほしいです!!案外、その恐竜達は自分の特性を知らないのかもしれません…。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190609-00000003-withnews-sci

「傘は、ホント危ないです。ウチの娘も、目の上にかすったけど、ぶつかってたらもっと大変な事になってました。1人1人が思いやりが持てる世の中になればと思います 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190609-00000003-withnews-sci

「傘の持ち方、武士みたいでカッコいいつもりなのか楽なのか解らないですが、後ろの人に大変迷惑で危ないです!! 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190609-00000003-withnews-sci

「傘に関しては結構いますね、階段上がる時とかは本当危ない。以前後ろから危ねぇなと言ったら振り返りはしたが何の事かはわかってないようでした。こういう意識の欠如した人にわからせるのは本当に難しい、本人に意識がないだけに。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190609-00000003-withnews-sci

などなど、特に傘についてのコメントが多くなっていますが、その他に関しても、是非公共スペースなどのポスターなどでも採用して注意喚起に役立ててもらいたいというコメントが多く見られることとなっています。

この企画投稿をきっかけに、今一度自身の行動にも見直していきたいですね!!

絶滅してほしい生物図鑑  作者の氏田雄介とは?

さて、ここからは作者の氏田雄介さんについて見ていきます。

氏田雄介さんは、「あたりまえポエム」や「54字の物語」等で知られる企画作家です。

株式会社「考え中」の代表でもあり、広告や書籍、ゲームなど幅広いコンテンツでの企画・制作と活躍されています。

ツイッターでは、「氏くん」としてアカウントを利用されており、その奇抜なアイデアから飛び出す「バズる」コンテンツには多くの反響が寄せられています。

そんな志田雄介さんの作品について紹介します。

あたりまえポエム

あたりまえなのに思わず「クスッ」と笑ってしまい、時には感動も感じると、同じくツイッターでも大きな話題を呼んだ企画作品です。

そんな、あたりまえながらも共感を覚え、読み始めたら止まらないという数々のポエムに人気が集まり、今では書籍化もされています。

「君の前で息を止めると呼吸が出来なくなってしまうよ」や、「君のつくったカレーはスパイスの香りがした」、「君の名前を聞くと真っ先に君の顔が思い浮かぶよ」などなど、一見普通のことに見える言葉たちも、読む人や感じる人にって様々に大きな意味を持つ詩が数多く込められています。

自分に合ったポエムを探したくなる作品となっています。

54字の物語

こちらの作品は、シリーズ累計20万部以上の大人気作品で、数々のメディアでも取り上げられるなど、SNSでも話題沸騰した超短編小説です。

9マス×6行の原稿用紙に込められた54文字は、短いながらも深くわかりやすい内容となっており、さらには物語の次ページには解説もつけられていて、子供から大人まで幅広く愛されています。

一冊に900作以上の短編小説が収録されており、さらには「参」や「怪」等のシリーズも登場し、時間があればつい読んでしまいたくなる作品となっています。

絶滅してほしい生物図鑑

そんな志田雄介さんが今回投稿した「絶滅してほしい生物図鑑」では、普段からSNS上で見られるネガティブな感情に、良くも悪くも共感しやすいものがおおくあったといい。

それらを親しみやすい愛されるキャラクターに仕上げたいという思いから企画されたのだといいます。

それぞれのキャラクターに、多くの人が無意識に取ってしまいがちなネガティブな言動を皮肉交じりに戒める要素が含まれており、その中も「カサウシロフルス」は氏田雄介さん本人もお気に入りだといいます。

あくまでもそういった行動がなくなってほしいという思いが込められたもので、投稿内のイラストにもみられる「罪を憎んで人を憎まず」というように、ネガティブな感情をイラストやキャラクターとしてふわりと戒めるところに共感が持てます。

誰かを気づ着けたり貶めたりするのではなく、むしろちょっと愛する、しかし罪は戒めるという氏田雄介さんの思いが前面に現れた企画となっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

宮迫ツイート 賛否 闇営業に苦しい言い訳 嫁と子供の弁当に見る家庭の事情

田村淳 困惑 カラテカ入江騒動でツイッター炎上!? 嫁の噂が黒いと話題!

原田龍二 号泣 嫁・子供「一生許さない」に放送事故 インスタ不倫がヤバい

コメント