アキラ100% 人生激変のきっかけ 付き人、コンビ、バイトの経験がヤバい

芸能
スポンサーリンク

2017年に「R-1ぐらんぷり」で優勝し、一躍大ブレークした「アキラ100%」。

彼の人生を激変させたきっかけとそれまでの経験がヤバすぎる!?

「アキラ100%」の人生を大きく変えたきっかけと、これまでのヤバすぎる経歴とは!?

スポンサーリンク

アキラ100% 人生激変のきっかけ

見ている方もハラハラさせられる独特の芸風でおなじみの「アキラ100%」ですが、最近では芸人としてだけでなく、俳優としての勝づも幅を広げ、マルチに活躍しているといいます。

そんな「アキラ100%」の人生を大きく変えるきっかけがあったことを、本人が語ってくれています。

それはピン芸人として活動しながらも、なかなか結果が出ずに苦労していた時のこと、売れない芸人の彼に、突如として「ダウンタウンのガキの使いあらへんで!」のオーディションに参加させてもらえるチャンスが舞い込んできたと言います。

そこで披露する芸として、以前コンビ芸人としても活動していたことがあるというお盆を使った芸(現アキラ100%の芸)が宴会げいっっぽくていいと思い披露することにしたと言います。

まさかこの芸でそのままテレビに出ることになるとは思っていなかったと言いますが、その斬新でハラハラさせられる芸風が好評となり、2017年には「R-1ぐらんぷり」で優勝を果たします。

それまでに2度同じ芸で「R-1ぐらんぷり」に挑戦していたと言いますが、挑戦のたびに頭角を現し、3度目の挑戦で優勝したことが「アキラ100%」の人生を激変させることとなったと言います。

「R-1ぐらんぷり」決勝の次の日にはバイトのシフトも入っていたと言いう「アキラ100%」ですが、見事優勝したことで急遽シフトを変更してもらったと言いますが、その後は一切バイトに行っていないと言います。

優勝後は仕事が急増し、1日でそれまでの一年分の仕事をこなすようになったという程に大ブレークした「アキラ100%」ですが、今回映画「こはく」にも出演するということで、俳優としての活動にも期待が高まります。

アキラ100% 芸披露の動画がこちら!!

「R-1ぐらんぷり」の優勝で人生が激変したという「アキラ100%」ですが、彼が芸を披露する動画がありますので見てみましょう。

独特な芸風で、失敗するんじゃないかとハラハラドキドキさせられる芸が若い世代からの人気を集めているようです。

アキラ100% 付き人、コンビ、バイトの経験がヤバい!!

「R-1ぐらんぷり」での優勝で一躍大ブレークした「アキラ100%」ですが、それまでの道のりは決して平たんなものではなかったと言います。

子供のころからずっと野球を続けてきた彼は、中学卒業を迎えるころには視力が急激に悪くなったと言い、野球を辞めて演劇部に入部することを決めたと言います。

演劇に特別思い入れがあったわけではなく、たまたま演劇部にはいっただけだと言う「アキラ100%」ですが、それからは演劇の世界にのめり込み、高校卒業後大学時には、社会人の小劇団に混ぜてもらうようになっていたと言い、そこで年2回公演に出演していたと語ります。

本当に演劇が好きになったという彼は、大学を卒業すると芸能事務所に就職します。

そして、事務所の掃除と電話番を経て、俳優で映画プロデュ―サーの椎名桔平さんの付き人運転手となったと言います。

しかし、この付き人修業が全くうまくいかなかったといい、あまりの運転のできなさに、付き人運転手でありながら、結局見かねた椎名桔平さんが運転する車に沿っているだけという状況も頻繁にあったと言います。

そんなダメな自分が辛くなったという彼は、付き人運転手を半年で辞めることを決意し、なんと置手紙だけを残して逃亡したと言います。

それまで椎名桔平さんは、仕事が出来ず落ち込む日々が続く彼に優しく接してくれ、時には忙しい合間を縫って食事に連れて行ってくれることもあったといい、そんな椎名桔平さんに恩を仇で返すようなことをしたことに、今では反省していると言います。

そしてその後は俳優養成学校に通い、稽古を受け続けたと言いますが結果は出ず、バイトにも追われる日日に耐えられずに挫折します。

そして、大学当時同級生だった相方と、「タンバリン」というコンビを組んでお笑い芸人に転身します。

「お笑い芸人なら自分でネタを作って、「誰がへ下手」とか「脚本がつまらない」とか文句を言わず自分の責任でできるからいいと思った。」と語る「アキラ100%」ですが現実は甘くなく、コンビは5年間で快勝したと言います。

その後はすぐにピン芸人にはならず、事務所の主催ライブに見学に行って自身の方向性を模索していたと言いますが、その時既に35歳を迎えていた彼は、一人で「R-1ぐらんぷり」を目指すことを決め、いまに至るのだといいます。

もともと野球少年だった彼が演劇を始めたことをきっかけに芸能界に足を踏み入れることとなりますが、その後は付き人、バイト、コンビ経験など、長年に渡る壮絶な経験があってこそ今の「アキラ100%」が存在しているのですね!!

アキラ100% 人生激変のきっかけ 世間の反響は?

「アキラ100%」の衝撃の過去談や、彼の人生を激変させたきっかけに、世間では大きな反響が寄せられています。

ツイッター上では、

等の声が寄せられることとなっています。

また、この話題はヤフーニュースでも大きな反響を呼ぶこととなっていますが、その中でも、

「芸人よりも俳優のほうが向いてそう。息の長い役者になって、いつか椎名桔平さんと共演できたらいいですね。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190622-00010000-asapostv-ent

「そのスポーツクラブで彼のレッスンを受けた事あるけど、優しい口調で丁寧で一生懸命。 彼の人柄が出ていてまた受けたいけど、芸人でも役者でも良いから芸能界で彼らしく活躍して欲しい。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190622-00010000-asapostv-ent

「裸芸はあまりいただけないけど、俳優は向いてる気がする。どこにでもいそうな雰囲気が良い。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190622-00010000-asapostv-ent

「椎名桔平さんの付き人時代の話爆笑しました(笑)芸風しか知らずどんな人物か知りませんでしたが、人の事を悪く言わずちゃんと感謝を口に出来る素晴らし人だと思います。裸芸だけでずっと飯を食って行くのは流石に無理だしね。本来したかった演劇に向かえたのは良かったと思います。頑張って欲しいですね。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190622-00010000-asapostv-ent

「芸自体は本当に超飛び道具なんだけど、テレビでの会話等からは芸能人特有の特別感をアピールする嫌な部分が感じないのは、それだけ一般人としての常識を持っていることと、けっして芸能人の立場に溺れていないからなんだと思う。裸芸でも特に究極の方なので、どこまで続けられるかが課題だったのでしょうが、大本の人間性が評価されているので、今後俳優としても十分やっていけそうに感じるので、飛び道具を持った俳優で良いのでは、」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190622-00010000-asapostv-ent

などなど、「俳優としても活躍できそう」や、「是非活躍してほしい」といった声が多数見られることとなっています。

今後芸人としてだけでなく、俳優としても活躍の場を広げていく「アキラ100%」に期待が高まります!!

 

あわせて読みたい。

関連記事:

Fukase ハプニングがヤバい! セカオワ全国ツアーでステージから転落

津田寛治 打ち上げ欠席の理由とは? 監督・キャスト・現場の確執がヤバい!

指原莉乃 卒業前の年収は1億越えも加入当初は5万円!? 実際の動画がこれ

コメント