ドネア 最大のミスに迫る!! 振り返る改善点と井上尚弥の強さとは!?

スポーツ
スポンサーリンク

11月7日に行われたWBSSバンダム級決勝の井上尚弥VSノニト・ドネア戦では、井上尚弥選手の勝利で幕を閉じました。

この試合の後ノニト・ドネア選手が、試合中に犯した最大のミスについて語り改善点を振り返ることとなっています。

この記事では、ノニト・ドネア選手が犯した最大のミスについて、振り返った改善点と対戦した井上尚弥選手の強さについて見ていきます。

スポンサーリンク

ドネア 最大のミスに迫る!!

11月7日さいたまスーパーアリーナでは、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)のバンダム級決勝として、井上尚弥選手とノニト・ドネア選手の試合が行われました。

12ラウンドに渡ったこの試合は井上尚弥選手の勝利で幕を閉じています。

戦前、世間では「井上尚弥選手が何ラウンドでKOするのか?」や、「スーパースターといえど36歳のノニト・ドネア選手が井上尚弥選手の踏み台になるのは避けられない」といった予想の声が聞かれることとなっていました。

しかし、実際の試合結果はどちらが勝利を収めても不思議ではないほどの熱戦が繰り広げられ、ノニト・ドネア選手も度々勝利目前まで井上尚弥選手を追い詰めることとなりました。

そんな中、勝利目前でもチャンスをものにすることが出来なかったことについて、「私は多くのミスを犯してしまった」と、試合中に犯した最大のミスを語り、改善点を振り返ることとなっています。

 

ドネア 最大のミス 振り返る改善点と井上尚弥の強さとは!?

さて、ここからはノニト・ドネア選手が語る「犯したミス」と振り返った改善点、さらには井上尚弥選手の強さについて見ていきます。

ドネア 最大のミス 振り返る改善点とは?

ノニト・ドネア選手が試合中に犯した最大のミス、そして改善点とはどこにあったのでしょうか?

ノニト・ドネア選手は試合後会見には参加せず病院へ向かうこととなりましたが、その後滞在するホテルでインタビューに答えることとなっています。

その中で、この日の試合を「ハードなファイトだった」と振り返ると、「私は多くのミスを犯してしまった」と敗因について語ることとなっています。

ノニト・ドネア選手は対戦した井上尚弥選手について、「パワーはあったが、人々に言われているほどではなかった」といいます。

しかし、スキルとタフネスさは想像以上であったと言い、自身の左フックを耐え続けたことに驚きを示すこととなっています。

そして、自身の敗因が「ゲームプランを間違えた」ことにあると振り返ります。

世間では9ラウンドにノニト・ドネア選手が井上尚弥選手にパンチを浴びせた際、そのまま詰めに行かなかったことに疑問を抱く声が少なくありません。

これに対してノニト・ドネア選手は、「それこそが私が犯した最大のミステイク」であると振り返ります。

この時ノニト・ドネア選手はカウンターによってダメージを与えたことから再度カウンターを狙い続ける作戦に出たと言います。

しかし、井上尚弥選手はノニト・ドネア選手の思うような戦い方をさせてはくれず、結果ノニト・ドネア選手はその代償を敗戦という形で受けることとなったのです。

しかし、どちらが勝ってもおかしくない熱戦には、見るものすべてが熱狂する内容となったのは間違いないでしょう!!

ノニト・ドネア選手はまだ引退は考えていないと言い、むしろこの試合でまだ衰えていないという自信をつけたと言います。

その上で、「私にはまだ改善点がある。まだ最高の自分には到達していないし、そこに辿り着きたい」と意欲を示すこととなっています。

 

井上尚弥の強さとは!?

さらにノニトドネア選手は、対戦した井上尚弥選手に対して、その強さを語ることとなっています。

試合前には「井上尚弥選手が何ラウンドでKOするのか?」という声が多く聞かれ、さらにはどちらかがパンチを繰り出すたびにその一つでも当たればすぐさま試合が終わるのでは?と思われるほどに白熱した試合となった中で、井上尚弥選手が勝利したその強さとは一体どこにあるのでしょうか?

それはやはり「想像以上のスキルとタフネスさ」であるといいます。

ノニト・ドネア選手は井上尚弥選手に対して「単なるパワーチャンバーではなく、タフなファイターであった」と語り、井上尚弥選手はその言葉通り、ノニト・ドネア選手の左フックを受けながらも最後までたち続けることとなりました。

また、ノニト・ドネア選手は井上尚弥選手のテクニックにも称賛を送っており、「彼こそがこれまで対戦した中で最高の選手だった。難しい試合で、多くのパンチを浴びた。彼は私が望んだ通りの戦いをさせてくれなかった。」と井上尚弥選手の強さを語っています。

その上で、「この階級にとどまるのであれば長い間勝ち続けられる。これから先に階級を上げるのであれば、より難しい旅になるでしょう。」と分析しています。

これにより、井上尚弥選手の今後に大きな期待が高まることとなっています。

 

ドネア 最大のミス 世間の反響は?

ノニト・ドネア選手が試合後に、試合中に自身が犯した最大のミスについて語ったことに対して、世間では非常に大きな反響が巻き起こることとなっています。

その中でも特に、

「ドネアの強さは、今回の体の戻し方でわかったよ。どう見ても前日計量より体が大きくなっていた。間違いなく厳しい水抜きをしていたんだろう。また水が抜きやすい体質なんだろうね。井上は前日とほとんど変わってない感じがした。あまりに彼らの体脂肪の差が見ていてわかったので、あの体脂肪が水を抜く抜いた水を瞬時に戻し、筋肉の動きのエネルギーとなるミネラル類を補充しているのかも知れない。足に力が入らない、思った以上に力が出ない時は、カリウムなどのミネラル不足が言える。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「ドネアの予想以上の健闘があってこそ歴史に残るような名勝負になった。さすがに彼は強かった。素晴らしい試合を見させてもらったことに感謝したい。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「回復の時間を得る為に自らダウンをするあたり、ドネアが如何に頭の良いボクサーかが分かる。あれだけの接戦で、終盤での1つのダウンがどれほどの意味を持つか理解した上でなかなか出来る事ではない。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「日本刀の振り合いのような緊張感の素晴らしい試合でした。ドネアがダウンした際、苦悶の表情を浮かべた後、セコンドに向かって頷いた瞬間の顔。凄みを感じました。日本のリングで、当分彼のようなボクサーを見る機会はないでしょう。ありがとう。ノニト・ドネア。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「ドネア まさしくボクシング界のレジェンド。これがみんなから尊敬される人柄。一瞬の判断が明暗を分けたどちらが勝ってもおかしくない凄い試合だった。見ていてまるで師弟関係のようで試合後の抱き合った姿は感動してやばかった。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「コンディションの差かなあ。これもドネアのキャリアなんだろうね。井上はたくさん勉強したよね。ドネアは本当に強すぎた。伊達にレジェンドとは呼ばれてないと思った。やはり殿堂入りのボクサーは違うな。昨日はドネアがモンスターだったよ。それに教えを請う若きファイターってイメージに思えた。井上はもっと勉強しないとね。しばらく休んでこれからのトレーニングに生かしていこう。ただキツイトレーニングばかりがいいってわけでもないのも勉強出来たろ。ドネアからは多くの新しい事柄を吸収で来たよね。それが一番の宝かな。昨日の戦いはそういう戦いであったな。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「凄い効かされたからわざと数歩下がって自らダウンして10カウントギリギリまで休んで立ち上がる。さすがベテランだと思った。若い選手だと効いてないアピールするためにすぐ立ち上がって倒されるよね。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

「確かに9Rは山場だった。恐らく尚弥はクリンチの後、カウンター狙い一本に絞って(それしか出来なかった)、ドネアはそこに飛び込むことが出来なかった。それは、このRまでに尚弥から受けたパンチ、さらにはこれまでの試合の尚弥のパンチの破壊力が頭にあったからだと思う。あそこでドネアが出たら、どちらかが倒れたんじゃないかと思う。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191108-00000132-sph-fight

などなど、敗退したノニト・ドネア選手にも称賛の声が多く寄せられることとなっており、健闘を称える反響の声が数多く聞かれることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

本田圭佑 欧州復帰に未来はあるか? フィテッセと加入報告とは?

オリックス佐野皓大 結婚がヤバい!! お相手と馴れ初めやエピソードとは!?

宇良 復帰がヤバい!! どんな力士?復活までの歩みとは!?

コメント