「ガムを噛む」触覚を刺激して脳の疲れをリフレッシュしよう

ビジネスにおける集中力
スポンサーリンク

ガムを噛むことが集中力の回復に効果があるというのは広く知られていることと思います。テレビ中継などでスポーツ選手などがガムを噛んでいる姿を見かけることもあるでしょう。また、仕事の合間に、リフレッシュするためにガムをかむという方も多いのではないでしょうか?

これは、ガムそのものではなく、「噛む」という行動に意味があります。「噛む」ということが集中力の回復に大きな効果を発揮するのです。

今回は、「噛む」ことと集中力の関係について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

長時間の作業による疲労にはガムがいい

長時間仕事をしていると、疲労感とともにだんだん集中力が続かなくなり、作業効率が悪くなってしまうということはありませんか。

脳には記憶を切り替えるワーキングメモリがあります。しかし、ワーキングメモリの働きには限度があります。特にデスクワークなどの脳をフル活用する仕事では、絶え間なくワーキングメモリを稼働させることになるため、作業時間とともに脳が疲労しワーキングメモリが低下してしまいます。

このとき、脳の疲労回復に効果があるのが「噛む」ということなのです。「噛む」ということは短銃なリズム運動のため、集中力の持続に必要な神経伝達物質である「セロトニン」を生み出すと考えられています。セロトニンには、気持ちを安定させ安らぎを感じさせてくれる効果があります。

また、「噛む」ことでストレス・疲労・の低下とともに、不注意や勘違いも防止することが出来ると言われており、集中したいときの気分転換には非常にぴったりと言えます。

刺激がリラックス効果を促す。

この他、ガム以外でも集中力を高める方法として、ハッカ油水に顔を浸すことも効果的です。例えば、運動などによって体が疲労を感じているときに、デオドラント用品を使用することで、集中力がより長く続くようになります。

これは、体が疲労やストレスを感じているところへ触覚に刺激を与えることで、一気にリラックス効果を得られるというものです。デオドラントでなくても、ハッカ油水などの刺激のあるものを顔に吹きかけることで集中力が高まりやすくなるでしょう。

今回は、「噛む」という行動と集中力の関係に着目し、触覚に働きかけることで集中力を高める方法について紹介しました。長時間集中力を必要とするときや、仕事をしていて疲労を感じたとき、脳が働かなくなったと感じたときには、ガムを噛んだり、デオドラントで顔を拭くなどで疲労回復を試してはいかがでしょうか。

コメント