「ルーティーン」を実践してみよう。集中するための習慣作り。

ビジネスにおける集中力
スポンサーリンク

突然ですが、あなたには気合を入れて何かに取り組む時に必ず行う「ルーティーン」のようなものはありますか?スポーツ選手や芸能人の方が行っていて話題になることが多々ありますが、「同じ動作を繰り返す」というのは、物事に取り組むための精神状態や姿勢をつくり、集中力を高めることに非常に有効な手段の一つです。

今回は、この「ルーティーン」について考え、集中力を高める方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

集中力を高める「ルーティーン」を紹介。

ルーティーンを実践することで集中力を高めることが出来るといっても、なんでもいいから繰り返せばいいというわけではありません。ルーティーンにも相性と個人差があり、自分に合ったルーティーンを見つける必要があります。ここで、様々なルーティーンを紹介します。

まずひとつに、験担ぎです。「以前に同じことをして上手くいったことがある」「なんだか調子が上がる気がする」「縁起がいい」など理由は様々ですが、会社についてから始業までの行動パターンを毎日揃えてみたり、重要な日の朝ご飯はかつ丼を食べるなどが挙げられます。このようなルーティーンは、「これから集中しよう」というときのやる気スイッチを押す言葉ができ、自然と集中できる精神状態を作り上げることが出来るのです。

ルーティーンで体調管理と不安を取り除く。

次に、作業の手順を揃えることです。日常的に行っている作業については、すべての動作を毎日同じ手順で実施するようにしてみましょう。そうすることで、作業のミスを減らしたり、効率が良くなることで、結果的に作業中の不安感を取り除くことが出来、集中して作業を行うことが出来ます。

不安を取り除くことで集中力が高まるということについて、こちらの記事でも紹介していますので併せてご覧ください。

「仕事の目的を考えてみよう。集中力は「なぜ?」の解消から。」

「嫌なことは忘れよう。不安と後悔が集中を妨げる。」

また、毎日同じ方法で自分の体調を確認してみるのも効果的です。例えば、通勤時に毎日同じペースで歩いてみて、かかった時間によって自身の疲れ度合いの参考にするなどです。自分の体調を把握することが出来れば、その日の仕事のペースや量、休憩の頻度なども調整することが出来るので、より集中できるパターンに調整することが出来るようになります。

他にも、くよくよしないためのルーティーンとして、普段から「失敗しても落ち込まない」というルーティーンを作るというユニークな方法もあります。誰でも失敗したり、怒られたりすると気分が落ち込んでしまうものですが、普段からあまり気にしすぎず、くよくよしないようにする習慣をつけておくことで、また失敗しても、不必要に落ち込まないクセをつけることが出来るため、どんな時でも集中して取り組める心を作り上げることが出来るのです。

また、毎日やらなければならない事、毎日やりたいことを続ける方法として、その行動を毎日同じ時間、同じ場所で行うルーティーンを作るという方法もあります。人はどうしても怠け癖が付きやすいものですが、毎日同じ場所・同じ時間ということを習慣にすることで、その時間が来たら思い出してやる気になる、その場所に来たら思い出してやる気になるといった効果を期待することが出来、ルーティーンとして大きな効果があると言えます。

他にも、人それぞれ様々なジンクス・験担ぎ・やる気スイッチがあると思いますが、中々ここぞというときに集中することが出来ない、何か安心感を得る方法を見つけたいというときには、是非ここで紹介したルーティーンを思い出していただき、実践していただくことでお役に立つことが出来れば幸いです。

コメント