時間を忘れるほどの集中。その条件とは?ストレスとリラックスの関係。

ビジネスにおける集中力
スポンサーリンク

あなたは普段どの程度集中できているでしょうか?時間を忘れるほどの集中状態を得ることが出来ているでしょうか?

ビジネスの上で大きな成果を上げるにはどれだけ不可集中できるかが大きな鍵となることは、これまでの投稿でも紹介してきたとおりです。

今回は、時間も忘れてしまう程な没入できる集中を得ることのできる条件とは何か?ということについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

時間を忘れるほどの集中と3つの条件

時間を忘れるほどに深く集中するための条件として考えられる3つの条件を紹介します。

一つ目に、明確なゴールが定められており、自分でやり方をコントロールできることです。

人は目標があることで、その目標に向かって行動指針を持ち、達成すると目にモチベーションを上げることが出来ます。そしてその目標が定量的であるほどに、はっきりとした行動指針を立てることが出来、目標達成まで迷うことなく行動することが出来るのです。

また、目標には自身に合った適切な難易度が重要です。難易度が高すぎず、低すぎず、自身の能力を120%発揮することで達成することのできる目標を立てることで、自分で行動をコントロールしながらゴールを目指すことが出来るので、常に高いモチベーションを維持することが出来るでしょう。

その際には、なぜ?といった疑問を都度解決しながら行動することで、より迷いなく大きな成果を生み出すことが出来るでしょう。

「目標設定」の重要性と、「なぜ?」を大切にすることの意義については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

「適切な目標設定をしよう。目標と集中力の関係とは。」

「仕事の目的を考えてみよう。集中力は「なぜ?」の解消から。」

二つ目に、集中を妨げる様々な外的要因が解消されていることです。

現代には、集中を妨げる外的要因が多く存在しています。

人は深い集中状態に入るためには23分間の時間を要すると言われています。

集中を妨げる外的要因を解消しないまま集中しようと思っても、やっと集中し始めてきたところで集中が妨げられるといったことが頻繁に発生し、結果として全く集中することが出来ないといった状況に陥ってしまいます。

集中を妨げる外的要因を解消する方法について、こちらの記事でも詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

「集中できる環境を整える。場所と時間を最適化しよう。」

「情報やコミュニケーションから解放され、深く集中できる時間を作ろう」

「集中できる空気づくり、オフィスの空気を快適に保つ方法を考えよう」

3つ目に、自分の仕事の良し悪しを自分で認識できていることです。

人は目標とその達成度、そして自分自身のプロセスに対して、これらが間違っていない事、確かに結果が表れていることを認識することで達成感を得ることができ、大きくモチベーションを上げることが出来ます。日々、目標と達成度を振り返り、自身の行動が間違いでないことを確認することで、目標を立てた当時の高いモチベーションを下げることなく、より集中して取り組むことが出来るのです。

目標と達成度を日々振り返ることについて、その重要性をこちらの記事でも詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

「日々の集中を振り返ろう。明確な集中目標が集中力を高める。」

以上、より深く集中するための条件を紹介しましたが、ここまでで深く集中するために最も重要なことは自分自身の「意識を高める」ことにあるということが分かります。

時間を忘れるほどの集中を得るためには、単に集中するということではなく、仕事を行うことや、集中すること自体を楽しむことが出来ること、「幸福感」を得られることが必要です。

そのために日々努力し続けることで人は成長することが出来るでしょう。

ストレスからの解放とリラックスによる集中効果

また、深く集中している状態は、ストレスから解放され、リラックスした状態であると言えます。

深く数注するまでのプロセスとして、「集中しよう」と思い詰めるのではなく、順序立ててリラックスすることを実践するとよいでしょう。

実際には、なかなか集中できず強いストレスを感じている状況では、アロマや匂いを活用したり、集中できる音、音楽を聴いたりすることでストレスを解消し、一気にリラックスできる状態を作ります。そうすることで、深く集中することのできる心理状態になることができます。

このタイミングで目標やこれから実施する行動をイメージすることで、雑念に邪魔されることなく集中して取り組むことが出来るようになるでしょう。

今回は、これまで紹介してきた集中力を高める方法を元に、深く集中するための条件とは何か?ということについて考えました。

是非これまでの記事と合わせて実践して頂くことで、あなたの深い集中のためのお役に立てていただけましたら幸いです。

コメント