レクサス初 新型ミニバン 「LM300h」 価格や発売時期は?

時事
スポンサーリンク

4月16日、この日開幕した上海モーターショー2019で、レクサス初となるミニバンの新型車「LM300h」が世界初公開されました。

基本的にはトヨタ「アルファード」のレクサス版であり、車体を共有するということですが、シートは「アルファード」が3列に対して「LM300h」は2列で、独立した4席4席を備える豪華で快適な「最上級の空間」を作り上げたと言います。

この記事では、世界初公開されたレクサス初の新型ミニバン「LM300h」の概要や気になる価格と発売時期についてまとめます。

また、レクサスの人気モデルである「LS」「IS」「RX」「UX」などについても、一つ一つ紹介を交えてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

レクサス初 新型ミニバン 「LM300h」 どんな車?

この度世界初公開された新型ミニバン「LM300h」は、レクサスの最上級シリーズである「LS」「LC」「LX」の中に新たに加わるモデルとなっており、「最上級の空間」を表現していると言います。

トヨタ「アルファード」のレクサス版ということで、共通の点も多いが、大型スピンドルグリルを備えるフロントマスクや、左右一体のコンビネーションランプを備えるリアエンドから、さすがレクサスと言える意匠がちりばめられた高級感あふれるデザインとなっています。

注目すべきは後席のインテリアで、「アルファード」が3列シートであるのに対し、「LM300h」は2列シートとなっています。また、2列目は独立したシートになっており、
その間にはインフォテイメントシステムやエアコンのスイッチが備え付けられています。

3列目のシートがないことで、2列目シートを完全にリクライニングすることも可能となっています。

また、前席と2列目の間は大型のディスプレイを備えた壁で完全に仕切られているようです。

そこは高級志向のレクサス、「LM300h」でも上質で高級な非日常を演出し、ビジネスクラス以上の豪華な車となっているようです。

レクサス初 新型ミニバン 世間の評判は?

世界初公開されたレクサス初の新型ミニバンについて、ネットでは様々な声が寄せられています。

その中でも最も支持されている声の一つに、

「それにしても、中国で需要が見込めるからって、こんなやっつけ仕事するかね…。是非とも日本への導入は見送ってほしい。もし導入するなら、1500万くらいでアルベルでオラオラ顔するような層がおいそれと買えない値段設定にしてくれ。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190416-00000014-rps-ind

という意見があります。

思いのほか否定的なコメントが多くなっているようですが、これにはトヨタの「アルファード」や「ヴェルファイア」について、日本ではあまりいい印象が持たれていないという点が影響していると言えます。

他にも多くの意見が寄せられていますので、いくつか見てみましょう。

「一番残念なのは多くのパネルが共通パネルに見える事ですね。内装は写真がないのでよく分かりませんがこれは日本に入れてもHSの二の舞になりそうですね。せめてUXやCT,LXのように内外装を完全に別デザインにすればもっとマシだったでしょうに 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190416-00000014-rps-ind

「値段が気になりますが…。どちらにしても、相当利益率の高い車だろうな~。私のような庶民には手の出ない価格なんでしょが。どこぞの富裕層が、運転手雇って所有する車ですね。自分で運転するメリットはまったくない車。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190416-00000014-rps-ind

「VIP仕様か。良いけど運転していれば良さがわからない。エグゼクティブ仕様の方が良いような。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190416-00000014-rps-ind

などなど、近年の自動車開発でよくみられるプラットフォームや外見の統一化といった工夫がむしろマイナス面としてtらえられている印象や、ここまでの高級仕様となると運転する購入者本人に対するメリットが少ないという印象の声が多くみられる結果となっています。

レクサス初 新型ミニバン 価格や発売時期は?

さて、レクサス初のミニバンとなる「LM300h」のグレード構成、気になるお値段や発売時期についてです。

グレードについては、現在2.5Lハイブリッドのみの発表となっています。

大容量の2.5Lにハイブリッドシステムも備えるということで、ストレスのない加速感に加え、リニアな走りを実現していると期待することが出来ます。

そして、現時点で販売価格や発売時期については未定、日本での導入も明らかになっていないようです。

今後の続報に期待です。

レクサス初 新型ミニバン その他の人気車種もみてみよう!

さて、ここまで世界初公開された「LM300h」について見てきましたが、レクサスにはその他にもすでに多くの人気車種が存在しています。

それらについてもいくつか見てみましょう。

レクサス「LS」

まずはレクサスの顔ともいえるこの車種から。

「LS」は、レクサスの最上級セダンとして販売れる車種です。

その印象通り、レクサスブランドの礎を気づくきっかけともなった人気車種です。

新車販売価格は9,814,000円~となっており、上級グレードは11,214,000円と、そこは最上級モデルという値段せて位となっています。

レクサス「IS」

次に、こちらもレクサスの象徴ともいえる一台「IS」です。

「IS」は欧州での展開も見据えて開発されたスポーティセダンで、「LS」と比べると比較的手の届きやすい値段設定となっています。

新車販売価格は4,714,000円~で、上級グレードでも5,634,000円~となっています。

日本国内でも多くのユーザーを持つ人気車種です。

レクサス「RX」

こちらはレクサスのクロスオーバーSUVモデルです。

高級セダンの乗り心地やをそのままに、SUVユーザーを対象に開発された車種となっています。

新車販売価格は、4,972,000円~、上級グレードでは7,690,000円~となっています。

レクサス「UX」

こちらはコンパクトSUV、「RX」など他のSUV車種に続くSUVモデルとなっていますが、その中でも最もコンパクトなボディとなっており、女性ユーザーでも扱いやすい小回りの利く車を目指して開発されました。

新車価格は3,900,000円~、上級グレードでは4,250,000円~となっています。

このように、高級志向のレクサスブランドですが、様々なユーザー層に向けた魅力的なラインナップを持っています。

今後この中に「LM300h」が加わることで、一層レクサスブランドから目が離せませんね。

そして、自動車業界の話題と言えばこの記事。

併せてご覧ください。

関連記事:スズキ 200万台リコール 内容 ジムニー スペーシア ハスラーは?

コメント