陸上スパイクに革命が起きる!? 新構造「ピンなし」スパイクの驚愕の性能と効果がヤバい!!

スポーツ
スポンサーリンク

陸上の長距離競技で大きな効果を生み、世界記録や日本記録を数多く塗り替えてきたスパイクですが、短距離競技でも革新的なスパイクが誕生する!?

アシックスが手掛けた「ピンなし」スパイクの驚愕の性能と効果とは!?

スポンサーリンク

陸上スパイクに革命が起きる!?

陸上の長距離競技ではトップ選手も愛用し、数々の世界記録や日本記録を塗り替えてきたナイキの「厚底」シューズ。

スパイクは陸上競技において非常に重要な役割を担っていますが、今回、短距離競技において革新的な構造のスパイクが開発されたと話題です。

話題のスパイクを開発したのはアシックスです。

普通スパイクは底面に金属のピンが取り付けられており、ピンが地面に喰い込むことで大きな推進力が良まれるように作られています。

しかし、アシックスが新たに開発したスパイクでは、ピンは一切使われておらず、代わりにカーボンファイバー素材の立体構造が取り入れられていると言います。

 

陸上スパイクに革命 新構造「ピンなし」スパイクの驚愕の性能と効果がヤバい!!

従来のスパイクがピンによる点の力を利用していたとするなら、アシックスが新たに開発した「ピンなしスパイク」では、立体構造のカーボンファイバーによる船の力を利用すると言います。

これによって、これまで選手から声の上がっていた「ピンが地面に刺さる感覚がある」という不満を解消できるということはもちろんのこと、ピンがないことで20g以上の軽量化が可能となり、シューズの重量は100gを切ると言います。

短距離走では、瞬時の加速が重要になりますから、シューズが軽く足を出しやすくなればその分タイムへの影響も大きいといえます。

ピンなしスパイクと言えば実はすでに導入されているシューズもあると言いますが、実際に世界リレーの金メダリストも愛用し絶賛するほどの効果があると言い、立体構造という新たな技術が採用されたアシックスのシューズに期待が高まることとなっています。

 

陸上スパイクに革命 世間の反響は?

アシックスが開発した革新的なスパイクに対して、世間では非常に大きな反響が寄せられています。

ツイッター上では、

Carrot Lover on Twitter
“なにこれ!?すごい!ピンがないスパイク!?履いてみたい!(まぁ部活で皆でくっちゃべりながらピン交換する時間もまた楽しかったけどね←) 陸上スパイクに「ピンなし」革命? 世界リレー金メダルに貢献、桐生も試作品着用 (時事通信ニュース) #linenews”

など、「ピンなし」に驚きの声や、「試してみたい」という声が多数見られることとなっています。

また、この話題はヤフーニュースでも大きな反響が寄せられていますが、その中でも、

「ピンは踏み込む時は刺さる、めり込む、蹴る時はプチっと引っ掛かる感は有る。特に2段平行ピンはめり込む抵抗が大きいと感じた。それが当たり前だと考えていたが、今思えば抵抗にもなっていたんだろうなとも思った。ピンが無くなれば抵抗を減らし軽量化にもなるので、出来栄え次第ではトップの選手大きな武器になるかもしれですね。あとはその高度な技術が漏洩しないようにして欲しい。 」

引用「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190720-00010000-jij-spo

「競泳の話だが、水着のレーザーレーサー、あれもすごかった。新記録連発だったもんな。でも、今でも新記録が更新されたり、やっぱり時代によって選手の力も上がるし、また新しい技術で道具が産み出されたりもする。陸上の短距離のスパイクや長距離のシューズも、楽しみですね!選手個人の力も大切ですが、それをフルで発揮できるようなアシスト、期待しています! 」

引用「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190720-00010000-jij-spo

「普段の生活は大体の人は踵から着地させます。ピンありスパイクを履くと、当然普段とは違う靴なわけで、先端に明らかな凸があるからフォアフット(つま先)になりがちです。フォアフットを維持するために無意識に腰や上半身の重心までずらすことになるので、いつも通りの動きも何となく感覚が違うということがあります。特に、初めてスパイクを履く人や繊細な感覚が要求されるトップアスリートは強く感じるでしょう。今のところ、力学的にはフラットフットが一番推進力を発揮し、下肢への負担が少ないと言われています。ピンなしスパイクはそれを実現させやすいという点で、今後の動向が気になるところです。 」

引用「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190720-00010000-jij-spo

「興味深いですね。ピンは蹴りだす時に地面のごく一部をピン側面で変形させようとする反動、この記事のは浅く広い面で地面をずらす変形と摩擦力ってことなのかな。砂地だと摩擦力が支配的でラバーだと変形が優位?なのかな?変形優位の場合は変形体積を変位量で積分すれば反発力が決まるが自分にそれを計算する知見は無い。ピンが抜ける時の摩擦抵抗もどれだけの比率で効くのか。まぁこれでユーザーだけが早くなるのは興味無い。それが世界に広まって多くの選手がレベルアップできれば素晴らしいこと。 」

引用「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190720-00010000-jij-spo

などなど、新たな技術が今後の陸上界にどのように影響を与えるのか?と期待の声が多く見られることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

ダイバー木下紗佑里 死去!? 原因は自宅アパートからの転落か!?

ザギトワ 立件見送りがヤバい!! 【動画あり】無免許でもおとがめ無しのありえない理由とは?

プロ野球 トレードラッシュがヤバい!! シーズン中にトレードが多発する理由とは!?

コメント