華原朋美 辛口エールを送る! 芸能界未来の原石に伝えた厳しさがこちら!

芸能
スポンサーリンク

2月9日、都内で行われたガールズオーディションプロジェクト「DUO presents TGC AUDITION 2020」に特別審査員として参加した歌手の華原朋美さんが、全国から集まった未来のスター原石に芸能界の厳しさを語り話題を呼んでいます。

この記事では、ガールズオーディションの特別審査員として選考対象者に芸能界の厳しさを語った華原朋美さんとその発言について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

華原朋美 辛口エールを送る!

2月9日、都内ではガールズオーディションプロジェクト「DUO presents TGC AUDITION 2020」の最終審査が開催されました。

このイベントでは、モデルやタレント、女優などを目指す9歳以上の芸能事務所に所属していないアマチュア女性が対象となっています。

この日の最終審査には、第一次審査から第三次審査までをクリアして日本全国から集まった未来のスター候補たち35名が参加し、大手プロダクション8社によって選考が行われることとなりました。

選考審査では、参加者は自己紹介やダンス、歌唱などを披露し、そのパフォーマンスの上で芸能事務所8社によるドラフト会議が開催されることとなりました。

そんな中、プロダクション尾木は特別審査員として華原朋美さんも選考に加わることとなっていました。

プロダクション尾木は第一巡で沖縄県出身の12歳小学生を指名しますが、これに華原朋美さんはすかさず「芸能界はそんなに甘いところではないし、いいことばかりではない。」ときっぱり告げると、指名された未来のスター原石に辛口のエールを送っており、世間では大きな反響が巻き起こることとなっています。

 

華原朋美 辛口エール 芸能界未来の原石に伝えた厳しさがこちら!

ガールズオーディションプロジェクト「DUO presents TGC AUDITION 2020」の最終審査に参加し指名を受けた未来の原石に、辛口エールを送ってわだいを呼ぶ華原朋美さんですが、ここからは華原朋美さんが語った未来の原石たちへの辛口エールの内容について、詳細に紹介していきます。

華原朋美 未来の原石に伝えた芸能界の厳しさがこちら!

この日のオーディションで華原朋美さんは、自身が所属するプロダクション尾木の特別審査員として参加しています。

プロダクション尾木は先述のとおり、第一巡で沖縄県出身の12歳小学生を指名し交渉権を獲得しています。

すると華原朋美さんは、「芸能界はそんなに甘いところではないし、良いことばかりではない。すごく努力が必要な時がたくさん来ると思うので、その努力を怠らなければ自信をもって前に進めると思う。」と辛口のエールを送っています。

また華原朋美さんはさらに自身の経験談も交えて、「私はいろんなことがあって、「波あり谷あり」いろんなことを経験させていただいた。それでもこうして立っていられるのはファンの皆さんのおかげ。ファンの皆さんを大切に思って頑張ってもらいたい。」とアドバイスを送ることとなっています。

 

華原朋美 【動画】辛口エールの様子がこちら!

次に、華原朋美さんが実際に辛口エールを語った際の映像がありますので見てみましょう。

これにプロダクション尾木から指名を受けた沖縄県出身の小学生は、「選ばれた実感がないのですが、気を抜かないように頑張ります。」と緊張しながらも決意を語っています。

その後華原朋美さんは「本当にそうなのよ」とさらに口を開くと、「(自身がオーディションに受かった時も)その後は山あり谷ありでしたが、今はかわいい息子も育っていて幸せでいっぱいです。」と、苦しいことばかりではなく幸せも待っているということを伝えています。

 

華原朋美 辛口エール 世間の反響がこちら!!

この日ガールズオーディションプロジェクト「DUO presents TGC AUDITION 2020」に特別審査員として参加して、指名を受けた未来の原石に対して辛口エールを送った華原朋美さんに対して、世間では非常に大きな反響が巻き起こることとなっています。

その中でも特に、

「まさに経験者の言葉は重みがあるね。華原さんも色々あったし。若いうちから厳しさを教えるべきだね。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「こむこむと出会って甘いことも酸っぱいことも味わいましたしね。芸能人で知名度得るのはほんの一握りの実力者。引き上げてもらえる運も実力のうち。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「確かに甘く見ていたのは否めませんから、自らの経験が身に沁みた言葉になっておりそれが尚一層伝わって来ますね・・・。だからと言って若い頃には戻れませんから今は若さ故の過ちを後悔するしかないのでしょうけど、あなたの場合はまだ若い頃に十分成功なさっただけでなくまだそのキャラクターで注目を浴び続けていますからまだマシだと思いますよ。若さ故の過ちで消えて行った方の多い事・・・。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「でも小室と出会わなければ、華原朋美は歌手として有名になれなかったと思うし、代表されるような自分の曲もなかったと思う。今は子供も授かり幸せそうだし、好きな歌で仕事も出来ているのだから、やはり小室さんとの出会いは良かったんじゃやいかな」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「甘く見てた時もあったよね??若いときに良い時間を過ごしたからなおさらって感じかな。良いときこそ謙虚に、周りに感謝して生きなきゃね。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「大変に説得力と重みのある言葉だと思う。芸能界の光と闇を知り尽くしていると言ってもいいであろう華原さんの口から出る言葉には、次の世代に向けて、自分のように大成してもらいたい想いと、引き返す勇気を持ってほしいとの意味の2つが込められているのではないだろうか。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「確かに芸能界は甘くないかもしれないが一般社会人は、もっと甘くない。芸能界で一度でも甘い汁を吸った人には一般社会の苦労には耐えられない。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

「確かに山あり谷ありというより波あり谷ありの方がそれっぽかった朋ちゃんの人生…これからはずっと幸せでいてほしいもんです…」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200209-00000329-oric-ent

などなど、様々な反響の声が数多く寄せられることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

カンニング竹山 謝罪の理由! 「佐賀は福岡あってこそ」で大炎上!?

鈴木杏樹 不倫報道がヤバい! 相手はトップスターの夫、喜多村緑郎!

石原さとみ 薬剤師ドラマの主演決定! 視聴者へのメッセージがこちら!

コメント