嫌なことは忘れよう。不安と後悔が集中を妨げる。

ビジネスにおける集中力
スポンサーリンク

あなたは今不安に思っていることや後悔していることはありますか?不安や後悔は、あなたの行動力を制限するとともに、注意が不安や後悔にそれてしまうことで集中力を妨げる要因となります。

また職場など、いいチーム・団体と言われる条件は、他者への心遣いや同情、配慮や共感といった精神的な要素がしっかりして、「心理的な安全性」が確保されていることといわれます。

今回は、集中力の妨げとなる不安と後悔について考えてていきます。

スポンサーリンク

いい職場には、個人と団体の取り組みの両方が必要。

先にも紹介した通り、不安や後悔を感じないためには職場の雰囲気が大切になります。職場のメンバーの心遣いや同情、配慮、共感によって不安を感じない環境を作り出すことが出来ます。

日本の文化とも言える「空気を読む」ということは、不安感を生み出してしまう側面もありますから、職場メンバーの気くばりや配慮は非常に大切になります。

その上で、個人としての取り組みも必要です。不安や後悔を感じやすいというのは、環境の側面以上に、個人の性格や特性が大きく影響します。

後悔と不安、変えられないことを悔やまないようにする。

特に過去への後悔に対しては、「変えられないことを悔やまない」という考え方が有効です。人の記憶は時間の経過と共に薄れていくようにできています。自分自身が気にしなければ、20分後には既に5割、一日後には7割、1か月も立てば8割近くの内容を忘れてしまうことが出来ると言います。「変えられないこと」、自分ではどうしようもないことは悔やまず忘れてしまうことのできる強い気持ちをもうことが集中の近道と言えます。周囲が「気にしていない」という雰囲気で接してくれればなおよいです。

また、「不安」ということにたいして考えてみます。日本人は、「相手の気持ちを察することに長けている」といわれることがあります。これは一種の国民性とも言え、「精神的な安全性」においても効果を発揮すると考えることが出来ますが、考えすぎると自身の不安感を大きくしてしまう側面もあります。「あの言葉はどういう意味だったんだろう」など、相手の心を意識しすぎてしまうことで不安が大きくなり、一つのことに集中できなくなることもあるのです。

そんなときは、思っていることを言葉にして伝えたり、確認したりするようにしてみるのが良いです。「言うことははっきりと伝える」ことで、不要な誤解を防止することができます。集中力を高めるためには、このように人間関係を曖昧にしないように意識することも必要と言えるでしょう。

今回は、集中力の妨げとなる「不安と後悔」について、その要因と解決方法について紹介しました。意識の面での対策が多く、簡単なことではありませんが、是非集中力を高めるために意識して取り組んでみてはいかがでしょうか?

また、仕事で不安を感じないための方法について、こちらの記事でも紹介を行っていますので併せてご覧ください。

「ルーティーンを実践してみよう。集中するための習慣作り。」

コメント