モンキー・パンチ 死去 ルパン三世今後は? 出身地や自宅は?

時事
スポンサーリンク

人気アニメ「ルパン三世」の原作者であるモンキー・パンチさん(81)が11日、誤嚥性肺炎で亡くなっていたことが分かりました。

葬儀は近親者のみで行われたが、後日偲ぶ会が開かれるようです。

この記事では、世界的大泥棒ながら半世紀以上愛されるダークヒーロー「ルパン三世」の生みの親であるモンキー・パンチさんのこれまでと、ルパン三世のこれから、モンキーパンチさんの出身地や自宅についてなど、一つ一つまとめます。

スポンサーリンク

モンキー・パンチ 死去 ルパン三世今後は?

「ルパン三世」の生みの親であるモンキーパンチさん(本名:加藤一彦)は11日、誤嚥性肺炎のために、81歳で亡くなられました。

「ルパン三世」といえば世界的大泥棒でありながら、半世紀以上愛され、高い人気を誇るダークヒーローで、70年代からお茶の間を魅了し続けています。

アニメ関係者によれば、数年前から太陽を崩しており、故郷北海道で毎年欠かさず参加していたイベントにも欠席しがちだったと言います。

それでも作品50周年のイベントには車いすで出席し、「100年続けばいいな」と思いを明かしていました。

高校を卒業して上京し、専門学校を出た後に商社や出版社で働きながら同人誌を作成。

独特の画風が編集者の目に留まり、65年に漫画家デビューを果たします。

新人時代は、無国籍でシャレた画風が受け入れられず、「格好悪い」と一蹴りされていたと言います。

それでも67年には「ルパン三世」の連載が開始。

本来悪役であるはずのルパンであるが、アクションとコメディの融合が奥行きある世界観を作り出し、読者の心をつかむことになります。

アニメ化されると幅広い層の人気を獲得し、今でも新作映画が公開されるほどに国民的な作品となりました。

マンガの連載は今も途絶えておらず、最終回は掲載されていません。

生前には、最終回の構想もあるが、完結させずに次世代の作家にバトンを託すのもいいと明かしています。

モンキー・パンチさんのご冥福をお祈りするとともに、「ルパン三世」の今後の展開にも注目です。

 

モンキー・パンチ 死去 世間の反応は?

モンキー・パンチさんの訃報に対し、ネットでは多くのコメントが寄せられています。

その中でも、特に支持を集めているコメントは、

「原作はかなりダーティな大人向け漫画だったけど、ゴルゴ13と並ぶクールさがあった。アニメではコミカルなキャラクターになって、それが子供から大人まで爆発的に受けた。アニメは音楽も良くてアニメや漫画の地位を高めた作品だと思う。ルパン三世は子供から大人まで楽しめる作品の先駆けかもしれない。たぶん今後も長く残って進化していくと思う。モンキー・パンチさん個人はルパンが自分の手を離れて育っていく過程を、どんな気持ちで見ていたのか、聞いてみたかった気がする。長い間ありがとうございました。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190417-00000000-spnannex-ent

と、いうものです。

「ルパン三世」の今後の展開を期待する声となっています。

他にも多数のコメントが寄せられていますので、いくつか見てみましょう。

「また時代が移り変わっていくんだなぁと感じました…。ルパン三世は、主役のルパンだけでなく、次元に五ェ門に不二子ちゃんに銭形警部…こんなに魅力溢れるキャラクターが集結した作品は他にはない…名作だと思ってました。何だか…素晴らしい作品を見せてくれてありがとうございました…という気持ちです。ご冥福をお祈り致します。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190417-00000000-spnannex-ent

「これは、国民的なアニメは多数あったけど、個人的には今でも見返しても楽しめるのはルパンシリーズだなぁ。面白い作品をありがとうございました。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190417-00000000-spnannex-ent

「あなたの生み出したルパン三世はとても偉大なアニメのひとつとなりました。
慎んでご冥福をお祈りいたします。巨星墜つ。あと半月で平成が終わるからか、なおさらショックが大きいと感じるのかな。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190417-00000000-spnannex-ent

「ルパン三世シリーズ、素晴らしい作品を
ありがとうございました。
長く後世に受け継がれていくことでしょう。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190417-00000000-spnannex-ent

などなど、「ルパン三世」への称賛と、今後の期待、そして生みの親モンキー・パンチさんへの感謝の気持ちが綴られています。

 

モンキー・パンチ 死去 ルパン三世今後は? 出身地や自宅は?

さて、ここからはモンキー・パンチさん本人について見ていきましょう。

前述しましたが、モンキー・パンチさんは北海道浜中町の出身で、生前は故郷のイベントにもよく参加されていたようです。

平成8年より千葉県佐倉市に自宅を構え、自宅兼事務所として過ごしていたようです。

モンキー・パンチさんの本名は「加藤一彦」で、モンキー・パンチというペンネームは、当時の編集長の命令で名づけられたものだそうです。

この名前に大きな意味はなく、編集長が適当に付けた名前に不服だったモンキー・パンチさんですが、「ルパン三世」の人気とともに改名しづらくなり、そのまま継続して使用し続けたと言います。

また、このペンネームは初めは弟さんと共同で使用していたようで、いまでこそ加藤一彦さん一人の実のペンネームとなっていますが、当初の作品には弟さんが書かれた作品もモンキー・パンチ策として出版されていたようです。

長きにわたって愛され続ける「ルパン三世」ですが、これからも次世代の作家さんの手によって計億して愛され続ける作品であり続けてほしいと願っています。

 

訃報といえばこの記事。

併せてご覧ください。

関連記事:高須院長 不快感 嘘の訃報に憤慨 息子や年収は?

コメント