日本マイクロソフト 週休3日 目的は自己啓発とアウトプット向上 年収は?

時事
スポンサーリンク

日本マイクロソフトといえば、エクセルやワード、パワーポイントなどのコンピューターソフトウェアでなじみ深い人も多いのではないでしょうか?

アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置き、ソフトウェア開発・販売を行う会社である日本マイクロソフト社が、週休3日制を試験導入することが話題となっています。

この記事では、日本マイクロソフト社が週休3日制を試験導入するその概要と、目的が自己啓発やアウトプットであるということについてまとめます。

また、気になる日本マイクロソフト社の年収についても見てみたいと思います。

スポンサーリンク

日本マイクロソフト 週休3日

冒頭でも述べましたが、日本マイクロソフト社が、週休3日制を試験導入するという事が話題となっています。

なんでも2019年8月に特別有給休暇を設け、月内すべての金曜日を休業日とすることで、毎週金土日の週休3日とするということです。

対象となるのは正社員およそ2,300人だそうで、社員の生産性向上につなげることが狙いだと言います。

また、この試験導入の結果次第では来年の8月にも実施する方針となっていると言います。

また、この休暇中に社員が行う自己啓発や社会貢献にかかる費用は最大10万円を目途に会社補助の制度を設けることも発表されています。

日本マイクロソフト 週休3日 世間の反響は?

さて、日本マイクロソフト社が今年8月に週休3日制を導入することに対し、ネットでは様々な反響を呼んでいます。

その中でも特に支持を集めるコメントの一つに、

「良い取り組みだと思う。うちの会社は年104日の完全定休があるのだが、去年数えたら60日位だった。おかしいな?休み間違ったかな? 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190422-00050261-yom-bus_all

というものがあります。

日本マイクロソフト社の新たな働き方改革の取り組みに賛同するとともに、自身の会社のブラックな面を話題に挙げてマイクロソフト社の取り組みがいかに良いものであるかが表れています。

他にもネットでは多くのコメントが寄せられていますので、いくつか見てみましょう。

「いいね。話題性もあるし、会社のPRも兼ねていると思う。ただ、そのせいで月~木の時間外が増えなきゃいいけど。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190422-00050261-yom-bus_all

「もしかしたら令和時代が終わる頃には、週休3日制が当たり前になるのか? 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190422-00050261-yom-bus_all

など、うまくいけば非常に効果的な取り組みであることを好評しているコメントや、いずれは世の中のかの企業全体にも広がるのでは?といった期待の声が見られます。

ただし、推進の仕方次第では逆効果のそれもあるということも忘れてはいけないでしょう。

また、反対に、

「本当に休めるなら凄いけどね。 実際 社員は困ってるでしょね 勝手に休みにさせられて仕事は溜まるし、残業無くなって 給料減るし 踏んだり蹴ったりでしょうね 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190422-00050261-yom-bus_all

といった現実的な酷評や、

「週休6日の仕事を探しています。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190422-00050261-yom-bus_all

といった面白みを交えた思わず笑ってしまうようなコメントなど、実に様々な意見が飛び交っているようです。

いずれにしても、日本マイクロソフト社での試験導入がどのような方向へ転がるのか?今後が楽しみな話題となっています。

日本マイクロソフト 週休3日 目的は自己啓発とアウトプット向上

今回の日本マイクロソフト社の取り組みについて発表にもあるように、その目的は社員の自己啓発の推進や、社員一人一人が働き方を考えるきっかけとすることでアウトプットの向上につなげるというものです。

自己啓発や社会貢献に関しては会社から10万円を目途に補助がなされることで、社員は躊躇いなく自身のスキルアップに時間を投資することが出来ますし、週の就業日が一日減ることで自身の働き方を見直さざるを得ない状況を作り出すことで、より効率的に高いアウトプットを出せる働き方を考えるきっかけとなり、社員の生産性向上を期待することが出来ます。

また、「よく休み、良く学ぶ」ことで、生産性はもちろん創造性も向上することが見込まれていると言います。

マイクロソフト社の新たな取り組みが、「自己成長と学び」「私生活や家族サービス」「社会貢献や地域貢献」の面で大きな成果を発揮することが出来れば、今後の日本の働き方改革にも大きな影響を与えることが予想されます。

今後日本マイクロソフト社に大きな注目が集まりそうです。

日本マイクロソフト 年収は?

そして気になるのは、マイクロソフト社の年収ですね!

これだけ話題性と注目を浴びるマイクロソフト社の年収はどれくらいなのでしょうか?

複数の口コミを参考にした情報では、なんと日本マイクロソフト社の平均年収は937万円となっているようです。

これは業種や年齢別でも大きく異なります。

まずは業種別にみてみると、

・クリエイティブ職:750万円

・ITエンジニア職:861万円

・営業職:942万円

・企画・事務・管理職:944万円

次に年齢別にみてみると、

・20~24歳:564万円

・25~29歳:765万円

・30~34歳:883万円

・35~39歳:965万円

・40~44歳:1,041万円

・45~49歳:1,128万円

・50~54歳:1,183万円

・55~59歳:1,139万円

・60~64歳:762万円

となっているようです。

あくまでも口コミからの推測情報ではありますが、これで週休3日で自己啓発やプライベートも充実させることが出来るとなると、未だブラック企業と呼ばれる会社が多い世の中では非常に羨ましいですね!

マイクロソフト社の試験導入が世の企業にもいい影響を及ぼしてくれることを期待しています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

スズキ 202万台リコール 続報 対象車種は? 日産やマツダ、三菱も?

スズキ 200万台リコール 内容 ジムニー スペーシア ハスラー

コメント