スリムクラブ 活動禁止処分がヤバい!! 理由は暴力団との会合か!?

芸能
スポンサーリンク

吉本興業の漫才コンビ「スリムクラブ」の二人が、無期限の活動禁止処分!?

暴力団関係者の会合に出席していた!?

スリムクラブが無期限活動禁止処分となったヤバすぎる理由とは!?

スポンサーリンク

スリムクラブ 活動禁止処分がヤバい!!

今吉本興業では、カラテカ入江騒動を発端とした闇営業問題が世間を騒がせることとなっていますが、なんとあの漫才コンビ「スリムクラブ」も無期限の活動禁止処分を受けたことが6月27日に分かりました。

カラテカ入江騒動と闇営業問題では、カラテカ入江慎也さんを始め、その他11人の芸人が振り込め詐欺グループの忘年会に参加していたことが分かり、謹慎処分を受けていますが、今回の「スリムクラブ」の無期限活動禁止処分はこの騒動とは違った原因があるようです。

一体「スリムクラブ」に何があったのでしょうか!!

スリムクラブ 活動禁止処分 理由は暴力団との会合か!?

今回発覚した「スリムクラブ」の無期限活動禁止処分は、二人が暴力団関係者の会合に出席していたことが原因であると言います。

なんでも二人は、3年前に別事務所の芸人から「飲食店オーナーの誕生会」という名目の会に誘われたと言います。

しかし、実際に営業に行くと、その会は暴力団関係者の会合だったといいます。

さらにこの営業は事務所を通さない闇営業であったと言い、事務syにも報告はしていなかったと言います。

このことが発覚したのは、吉本興業がカラテカ入江騒動をはじめとした闇営業問題を受けて所属タレントに聞き取り調査を行ったことがきっかけとなっています。

聞き取り調査に対して「スリムクラブ」の二人は、「反社会勢力と知らなかった」と証言しているといいますが、とはいえ他の謹慎処分を受けた芸人らと変わらぬ闇営業であるとともに、反社会勢力にかかわりを持ったことは事実であるため、処分は妥当であると言えるでしょう。

カラテカ入江騒動の余波もあってタイミングが悪かったと言えばそうですが、これを受けて、吉本興業ではまだまだ深い闇を抱えた芸人が多く存在するのでは!?と勘ぐってしまう事態となっています。

スリムクラブ 活動禁止処分 探偵!ナイトスクープは再編集!?

スリムクラブの二人が活動禁止処分となったことで、真栄田賢さんが出演するABCテレビの「探偵!ナイトスクープ」では、収録済みの内容を編集して放送することを発表しました。

探偵役の芸人が、視聴者から寄せられる素朴な疑問を解決していく人気番組で、1988年からの長い歴史を持つとともに、真栄田さんは2013年からこのお番組に出演しています。

今回真栄田賢さんが出演不可となることで、直近の放送は大きな損失を受けることとなりそうです。

このことは、YouTubeでも様々な形で紹介動画が挙げられており、その中でも一つを紹介します。

スリムクラブ 活動禁止処分 どんな漫才コンビ!?

さてここでは、「スリムクラブ」という漫才コンビについて紹介します。

「スリムクラブ」とは、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」東京本社所属の漫才コンビで、沖縄県出身の真栄田賢さん(43)と、内間政成さん(43)の二人で構成されています。

二人は琉球大学在学中からの知り合いで、1997年にコンビを結成すると2003年に東京進出し、そのまま吉本入りを果たします。

そして2010年にはM-1グランプリ決勝まで進出して準優勝、これがきっかけで大ブレイクを果たしています。

そんな「スリムクラブ」の漫才動画がこちらです。

現在ではコンビのレギュラー番組はありませんが、地道な営業活動で漫才活動を継続していました。

スリムクラブ 活動禁止処分 世間の反響は!?

「スリムクラブ」の無期限活動禁止処分に対して、世間では非常に大きな反響が巻き起こることとなっています。

ツイッター上では、

など、このような闇営業をしないとやっていけない吉本興業の給料体制についてを問題視する声を始め、

といったように、不祥事の続く吉本芸人が口々に発する「知りませんでした」という発言に苦言を呈す声が寄せられることとなっています。

また、この話題はヤフーニュースでも大きな話題を呼んでいますが、その中でも、

「吉本興業も「反社会的勢力とは知らなかった」という芸人の弁解を聞いて終わりにせず、「では『お車代』など名目を問わずギャラはいくらもらったのか?」「きちんと税務申告しているのか?」「ほかに税務申告していない闇営業があるのではないか?」といった点も追及し、すべて明らかにすべきでしょう。ただ、今でこそ吉本興業の芸人が話題ですが、こうした闇営業は芸能界に蔓延しているものですし、芸人らも営業先に対する事前のチェックが甘くなりがちです。出席者らが宴席で撮影した写真が証拠として残っているので、今後、続々と週刊誌にこうしたネタが持ち込まれるはずです。ほかの芸能事務所にとっても「対岸の火事」で終わるような話ではなく、反社会的勢力の存在を認めないという姿勢やコンプライアンスの観点からは、この機会に芸能界全体で浄化に向けて真剣に取り組むべき問題ではないかと思われます。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190627-00000044-asahi-soci

と、吉本興業の完結過ぎる聞き取り調査に苦言を呈し、「税務申告の有無」や「名目を問わないギャラの金額の確認」、「他にも闇営業はないか?」など詳しく調査するべきとするとともに、芸能界ではほかにも闇営業が蔓延しているとして、他芸人も「対岸の火事」で終わらせずチェックを厳しくするべきであるというコメントが寄せられています。

他にも、

「所属事務所を通さない営業は良くない。こういう危険があるから、あとでとんでもないことになる。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190627-00000044-asahi-soci

と、「闇営業はよくない」という声がありつつも、

「他の各芸能プロダクションも一斉に聞き取りを始めるだろうし、闇営業はふつうにある事みたいだから今後も処分者は出てくると思う。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190627-00000044-asahi-soci

「これはまだまだ出てきそうですね。会社がもっと早く動けば違っただろうに…。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190627-00000044-asahi-soci

まだまだ続々と闇営業が発覚しそうだという声が多く見られます。

また、

「問題だと思うが、特に若手などは吉本がたくさん取って1000円とか500円とかしか渡さない、闇で稼がないと生活が大変、というのもあると思う。吉本は昔から多額を搾取する事で有名。又、芸人だけじゃなく、例えばアナウンサーやタレント、俳優などでも、昔から事務所を通さない仕事って普通にあったと思う。これ言い出したら芸能界と芸人もタレントも俳優もアナウンサー等も、多くの人が経験があると思う。しかもそれがまかり通ってた昔の話を出されると、これはたくさんいると思う。事務所が生活保証もせずにたくさんむしり取る事も、こんな仕事をする原因じゃないのか。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190627-00000044-asahi-soci

というように、吉本興業の運営体制にも問題があるとして、所属芸人に対する待遇を見直すべきという声も寄せられることとなっています。

まだまだ続く闇営業問題は、芸能界全体の在り方を見直す大きな騒動へと広がりを見せています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

アメトーーク! 消滅危機! 闇営業の宮迫が謹慎で番組の継続困難相次ぐ!?

闇営業 芸人謹慎処分 11人が処分対象!? 松本人志の予想的中!

今田耕司のコメント全文 吉本の契約実態がヤバすぎ!? 契約芸人は5組!?

コメント