山口俊 メジャー挑戦がヤバい!! 球団初のポスティングシステムを容認!?

プロ野球
スポンサーリンク

11月17日、プロ野球・巨人の山口俊投手(32)が、ポスティングシステムでメジャーに挑戦することが分かり大きな話題を呼んでいます。

この記事では、山口俊投手のメジャーリーグ挑戦の話題について、球団初であるというポスティングシステムの詳細と共に紹介します。

スポンサーリンク

山口俊 メジャー挑戦がヤバい!!

今季、球団5年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献してチームのエースと称される巨人の山口俊投手が、メジャーリーグに挑戦する意向を示しているとわかり、大きな話題となっています。

昨日までの「プレミア12」でも侍ジャパンの優勝に貢献した山口俊投手は、世界各国の選手との戦いを経て、最高峰の舞台であるメジャーリーグに挑戦したい意思を強めていると言います。

また、山口俊投手がメジャーリーグに挑戦するにあたり、これまで松井秀喜さんや上原浩治さん等が使用してきた「海外FA権」ではなく、球団初となる「ポスティングシステム」を利用するということでも大きな話題となっています。

これについて巨人の原監督は「時代の流れで特例はあってもいいと思う。頑張ったならかたくなにダメ、うちはしないというのもおかしい。」と、ポスティングシステムを認める考えを示しています。

今後の山口俊投手の動向に注目が集まることとなっています。

 

山口俊 メジャー挑戦 球団初のポスティングシステムを容認!?

さてここからは、山口俊投手がメジャー挑戦に利用するとされるポスティングシステムについて見ていきます。

まず、これまでに巨人からメジャーリーグへ移籍した選手等は全員「海外FA権」を行使したもので、ポスティングシステムを認めた事例はないと言います。

しかし、今回山口俊投手には特例としてポスティングシステムの利用が容認される流れとなっており、これが容認されればポスティングシステムでのメジャー挑戦は巨人初となります。

では、ポスティングシステムとは一体どのような制度なのでしょうか?

まず海外移籍についてはポスティングシステムに対して、「海外FA権」を行使する手段があります。

こちらはNPBが定める条件を満たした選手に対して、海外の球団と選手契約を締結する権利を有することを認める権利となっています。

選手はこの権利を行使することで他チームと契約し移籍することが可能であり、移籍元チームには金銭的、もしくは人的な補償が必要となる場合があります。

対して今回山口俊選手が利用することで話題のポスティングシステムとは、前述の「海外FA権」を持たない選手がメジャーリーグへ移籍する際に利用できる制度で、球団から許可を得た選手が海外移籍を宣言すると、獲得を望む海外球団は日本の所属球団に対して入札を行います。

その中で最高入札額を提示した海外球団に対して日本の所属球団が受諾すれば独占交渉権が与えられることとなり、交渉成立することで選手のメジャー移籍が決定となります。

この時日本の所属球団には入札時に提示された譲渡金が支払われます。

この制度では、獲得を望む海外球団からの入札額によって移籍球団が決まるため、選手は自由に移籍球団を選ぶことが出来ないこととなっています。

過去にポスティングシステムを利用して海外移籍した選手には、イチロー選手や松坂大輔選手、ダルビッシュ有選手等がいます。

 

山口俊 メジャー挑戦 世間の反響は?

山口俊選手が球団初のポスティングシステムによってメジャー挑戦するという話題に対して、世間では非常に大きな反響が巻き起こることとなっています。

その中でも特に、

「メジャーは無理だと思うよ。今大会の投球内容を見ても、全く通用してないし、オファを出す球団はないと思う。日本では活躍出来てもメジャーでは多分無理だと思う。また、そんなにメジャーに行きたければ、国内FAの時に執行なんかせずに、オールフリーのFAでメジャー挑戦しておけばよかったと思う。もう、年が30代になった投手は,幾ら日本の投手でもきついと思う。巨人に生え抜き選手でもなく、移籍一年目に大問題を起こしておきながら、何がポスティングを使ってメジャーに行きたいと言っているのか。どうしてもメジャーに行きたいのであれば、FAで行くべきだと思う。本来なら、17年の飲酒暴行事件で解雇だった事を、その年のみ出場停止で許してくれた巨人の事を考えると、ポスティングなんて出来ないと思うがね。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「今回の大会だけを見ると向こうで出来るか不安を覚えるね。メジャー球に対応出来てないように見えた。しかし、シーズンのピッチングは間違いなく、これまでの山口の中で最高の出来だった。優勝にも大きく貢献してくれたし、山口の向こうでやる意志が強いなら頑張ってほしい。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「ポスティングも選手の権利。成功するかしないかは別にして年齢的にも時間もないし、本人が望むなら挑戦してもいいと思うし、気持ちよく送りだしてあげればいいと思う。しかし、人的補償のリスクを負ってまで、美馬の獲得に監督まで出ていって、そこまで欲しいのか疑問だったけど、こういう裏事情があったとは驚きましたね。とにかく若手にとっては1つ先発のポストが空いたのだから、がんばって勝ち取るぐらいの気持ちでがんばってほしい。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「かなり厳しい選択だと思うけど、今回のプレミアを見た限り国際球には合っていないように思うし、難しいんじゃないかなぁ。山口俊の場合、生え抜きじゃないし、球団もそこまで厳しい事はしないと思うし、年齢的にも挑戦するなら今しかないだろうしね。巨人の優勝に貢献してくれた1人だけど、来年も巨人でプレーした方がいいと思うよ。まぁ、仮にメジャーに行ったとしても若手には枠が空く事にチャンスができるわけだしいいとも思う。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「今年優勝できたのは間違いなくドスコイのおかげです。向こうでも頑張って下さい。大地も楽天入りがほぼ決定で補強なしで迎える来シーズン。外人を乱獲したとしても枠は限りがあるし、来期は無理をしてでも若手を多く使わざるを得ない状況になりましたね。厳しいシーズンになると思うがこれはこれで楽しみな気持ちもある。ローテも打線も若手の台頭期待している。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「メジャー球が、って言う人がいるけど今回プレミアで使ったのはメジャー球ではない。確かに通用しないって声は多いけどやってみないと分からないし本人が挑戦するなら応援したい。幸い疲労がピークに達しての投球だったからしっかり休んでシーズン当初のものを出せれば球も速いしフォークもあってスタミナもある。活躍できる要素はあると思う。がんばれ」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「今回プレミア12で使用したボールはメジャー球でなく、国際大会用のボールだし、メジャー球に対応出来ないという意見は違うと思う。ただ、今回のプレミア12では海外の選手相手に生命線の低めのフォークを尽く見極めらて、ストライクを取りに行ったボールを痛打されていたし、厳しいのかなとも思ってしまう。メジャーでは大きな武器となる落ちる系のフォークを得意とする山口なので、メジャー球に慣れ、相手打線をしっかりと分析した上で、投球すれば通用する可能性も十分ある。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

「山口が望むならぜひ挑戦すべき。チームとしては離脱は痛いか、気持ちが海外にあるのを引き留めても本人にもチームの為にもならない。FAでも獲得無しで今シーズンのエースがいなくなるとして、さてさて巨人軍どうする?今こそ若手の戦力の底上げに力を入れてくれ。若い選手もチャンスだぞ。生え抜き達も力を見せてくれ。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191118-00010004-spht-base

などなど、山口俊選手のメジャー挑戦に対して「きびしいのでは?」という声から「やってみないとわからない。頑張ってほしい」という声まで賛否両論様々な反響の声が寄せられることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

新庄剛志 復帰の可能性はいかに!? インスタでの復帰宣言と野球界の復帰例がこちら!!

ヤクルト 嶋基宏がヤバい!! 獲得の狙いとは!?

オリックス佐野皓大 結婚がヤバい!! お相手と馴れ初めやエピソードとは!?

コメント