犬 チョコ誤飲注意!! 犬が食べてはいけない理由がこちら!!

時事
スポンサーリンク

もうすぐバレンタインデーの時期になりましたが、世間では犬へのチョコ誤飲に対して注意喚起がなされ、話題となっています。

この記事では、犬がチョコを食べてはいけない理由と共に、もし万が一食べてしまった際の対応について紹介していきます。

スポンサーリンク

犬 チョコ誤飲注意!!

もうすぐバレンタインデーがやってきます。

そんな中で、世間では犬のチョコ誤飲について注意喚起が行われています。

「犬がチョコを食べてはいけない」という話はよく耳にしますので、飼い主自らチョコを与えることは少ないでしょう。

しかし、実際には飼い主が外出から帰宅すると犬が家でぐったりしていたりするなど、犬が誤飲することによって中毒を起こすことが増えているといいます。

もともと犬は好奇心が強く食欲も旺盛です。

また、獲物を探す本能から食べてはいけないものでも棚などから食べ物を探し出して食べてしまうことがあると言い、注意が必要であると言います。

犬を飼っている家庭では犬の健康のためにも、バレンタインデーのこの季節は特に注意が必要ですね!!

 

犬 チョコ誤飲注意 犬が食べてはいけない理由がこちら!!

ですが、「犬がチョコを食べてはいけない」とはよく聞きますが、なぜ犬が食べると危険なのでしょうか?

また、犬が食べてしまうとどのような症状が起きるのでしょうか?

ここからは、犬がチョコを食べてはいけない理由と、もし万が一食べてしまった際の対応について詳しく紹介します。

犬 チョコ誤飲注意 犬が食べてはいけない理由!!

まず、犬がチョコを食べてはいけない理由として、チョコの原料であるカカオにはカフェインやデオブロミンなどの化学物質が多く含まれていることにあると言います。

これらの成分は人間には害はありませんが、犬にとっては中毒症状や嘔吐、下痢を引き起こす原因になるのだと言います。

特にデオブロミンは非常に影響が大きいと言います。

犬にはデオブロミンを分解し排出する能力が低いことから、体内で毒素を排出する反応が強く起こるとともに、大量に摂取すると神経や心臓にも過剰な負担をかけてしまうと言います。

また、注意が必要なのこととして、このデオブロミンが含まれる食品はチョコレートのみでなく、ココアや菓子パンなどにも含まれると言います。

さらに、甘くないチョコレートほど含有量が多いため、「このチョコは甘くないから大丈夫」などの誤った判断は禁物といえます。

もし犬がチョコを誤飲してしまった場合には、下痢や嘔吐のほかにやたらに興奮したり、震えてふらつく、ぐったりするなどの症状が現れると言います。

犬がチョコを誤飲することによる危険性について紹介した動画がありますので紹介します。

 

犬 チョコ誤飲注意 犬が誤飲した時の対応がこちら!!

では、もし万が一犬がチョコを誤飲してしまったらどうするのがよいのでしょうか?

犬がチョコレートを誤飲したら、とにかく獣医に正直に申告することが一番であると言います。

犬がチョコレートを食べてしまったからと言ってもうどうすることもできないというわけではありませんので、犬の健康に支障をきたさないためにも、素早く申告することが最も適切な対応といえます。

しかし、やはり最も重要なのは誤飲しないように注意し管理することであるといえます。

飼い主が犬に対するチョコレートの危険性を認識し、ペットの手に届かない場所で管理するようにすれば、イヌが誤飲して体調を崩すことはほぼ防ぐことができますので、大切なペットのためにも十分に気を付けて過ごすといいですね!

 

犬 チョコ誤飲注意 世間の反響がこちら!!

バレンタインデーが近づき、犬のチョコ誤飲に意識が高まる中、世間では非常に多くの反響が寄せられて言います。

その中でも、

 

などなど、自身の体験談から注意喚起の声まで様々な声が数多く寄せられることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

マスク 正しい使い方に呼びかけ! マスクの効果と注意点がこちら!

鈴木杏樹 不倫報道がヤバい! 相手はトップスターの夫、喜多村緑郎!

石原さとみ 薬剤師ドラマの主演決定! 視聴者へのメッセージがこちら!

コメント