外務省 謝罪 G20会場のフェンス倒れて大事故!! 安全ホームページとは

事故
スポンサーリンク

来月、インテックス大阪で開かれるG20(主要20ヶ国・地域首脳会議)。

これに向けて設置工事が行われている同会場で、工事中のフェンスが倒れて通行人の女性に怪我を負わす大事故が発生したと話題です。

この記事では、外務省が謝罪を行ったG20会場のフェンス転倒事故についてまとめます。

また、あわせて、外務省が提供する安全ホームページが便利ということで、その利用方法についても紹介します。

スポンサーリンク

外務省 謝罪 G20会場のフェンス倒れて大事故!!

来月、主要20ヶ国・地域首脳会議が、インテックス大阪で開催されます。

その会場準備として工事が進められていた同会場で、工事中であったフェンスが倒れて、そこを通行していた女性がけがを負ったといいます。

外務省や大阪府警の情報では、事故が起きたのは5月26日の昼過ぎ頃、工事中の金属フェンスを作業員が、仮止め状態で現場を離れたことで転倒したといいます。

フェンスは、たまたまそこを通行していた女性に接触し、頭や肩を打つなどして病院に搬送されています。

幸い女性は軽傷で済んだといいますが、この時転倒した金属フェンスは、高さ3m、幅50cm、重さ20kgのものであったといい、打ち所が悪ければ死傷事故が発生してもおかしくない状況であったと言えます。

G20開催中に不審者の侵入を防ぐ目的で進められていたフェンス設置工事ですが、事故の発生に伴い現在は工事中断となっています。

外務省は28日に行われた住民説明会で事故発生を謝罪するとともに、「自己を重く受け止めて安全確保を最優先する」として工事の中断を決めています。

安全が確保されるまで工事の再開はないでしょうし、その様な状況で工事再開をしてほしくはありませんが、G20が開催されるのは来月28日、29日となっています。

果たしてそれまでに安全対策から工事完了までが間に合うのか?重大な問題となっています。

外務省 謝罪 世間の反響は?

G20会場の設置工事で事故が発生し、謝罪を行った外務省ですが、これに対してネットでは多くの反響が寄せられています。

その中でも特に支持を集めているもののひとつとして、

「今はこんな小さなことでも直ぐに海外に報道される時代です。今回の事案を教訓にされて確りと施工されることを願います。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190528-00000548-san-soci

というコメントがあります。

昨今情報化社会であるということもありますが、今回開催されるG20が国際的なイベントであるということもあり、どのような形でこの事故が世界に広がるのか分かりません。

どのような小さなことでも注意が必要ですし、特に安全に関しては手抜きをするべきではない、今回の事故を教訓とすべき、というコメントとなっています。

また、ネットではほかにも多くの声が寄せられていますが、

「大怪我にならなくて幸いでした。作業員の方ももっと責任感を持った仕事をするべきです。 」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190528-00000548-san-soci

「日雇いが多いから、現場監督がしっかり管理しないと。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190528-00000548-san-soci

「一つ一つの安全確認よろしくお願いします。G20も安全に終えれるよう関係者の皆さんよろしくお願いします。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190528-00000548-san-soci

など、一つ一つ安全に責任をもって実施してほしいという声が多く見られることとなっています。

また、なかには、

「今は現場監督も派遣みたいですよ。日雇いが多いから、現場監督がしっかり管理しないと。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190528-00000548-san-soci

と、現場監督でさえ派遣で済まされているという日本社会の驚きのコメントがあります。

最近日本の企業や現場では派遣社員などが多く見られるようになっていますが、安全管理や現場の責任を負うべき監督者までも派遣で済ませているという日本社会に驚きを隠せませんし、信用できないと感じてしまいます。

せめて安全に作業をしてもらうためにも、監督者にはしっかりと教育を受けた責任ある方に担当してもらいたいですね。

外務省 謝罪 安全ホームページとは

さて、ここからは外務省が提供する海外安全ホームページについて紹介していきます。

海外安全ホームページとは、海外に在住されている方や、これから海外に渡航される方に向けて、その国や地域の治安や安全状況から、学校情報や年金、保険・運転免許についての情報まで様々な情報を確認することが出来る便利なツールとなっています。

安全ホームページトップでは、世界地図上で各国の安全ランクが色分けされています。

そのレベルは、レベル1の「十分注意してください。」から、レベル4の「退避してください。渡航はやめてください。」という退避勧告までの4ランクに区分けされています。

また、同ホームページでは、最新の海外安全情報を受け取ることのできる会員制コンテンツも充実しており、海外渡航や滞在を行う方には非常に便利で役立つコンテンツとなっています。

海外では、自身の安全は自分自身で確保する必要がありますから、是非海外安全ホームページを利用してみてはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい。

おすすめの記事:

マクドナルド 課徴金命令 東京ローストビーフは成形肉!? マック宅配可?

マッドハウス 是正勧告 アニメ制作会社が超ブラック? 月の残業時間は?

日産・西川社長 不起訴処分 逮捕されていた!? ゴーン被告に一部関与!?

コメント