観光で行きたい都道府県 No.1はどこ? トップ2のおすすめスポットがこちら!!

観光・旅行
スポンサーリンク

観光シーズン真っただ中の今、「ブランド総合研究所」から「都道府県&市区町村の観光意欲度ランキング2019」というランキング結果が発表されて話題を呼んでいます。

この記事では、世間で観光で行きたいと思われている都道府県について、発表されたランキングをもとに紹介していきます。

また、トップ2に選ばれた2県について、おすすめスポットも交えて紹介します。

スポンサーリンク

観光で行きたい都道府県 No.1はどこ?

現在観光シーズン真っ最中ですが、そんな中「ブランド総合研究所」」から「都道府県&市区町村の観光意欲度ランキング2019」が発表されて大きな話題を呼んでいます。

なんでもこのランキングは、47都道府県と国内にある1000の市区町村を対象に認知度や魅力度等を含めた様々な観点から調査を行っているもので、「今後観光や旅行に行きたいと思うか?」ということについて投票者からの投票によって採点する方式でランキングされることとなっています。

そして、発表された結果は以下のようになっています。

1位:北海道・・・61.8点(前年度1位)

2位:京都府・・・52.6点(前年度2位)

3位:沖縄県・・・51.0点(前年度3位)

4位:東京都・・・47.4点(前年度4位)

5位:奈良県・・・43.2点(前年度5位)

5位:福岡県・・・42.2点(前年度10位)

7位:大阪府・・・42.9点(前年度6位)

8位:石川県・・・42.0点(前年度7位)

9位:長崎県・・・40.9点(前年度9位)

10位神奈川県:・・・39.7点(前年度8位)

引用:「ダイアモンドonline」https://diamond.jp/articles/-/220389

見事一位に輝いたのは北海道ですが、そのほかの県でも北海道と並んで大健闘のこととなっています。

また、1位から10位までに選ばれた10県は、順位の変動はあれど昨年度のランキングでも同じくトップ10にランクインした都道府県が並ぶこととなっています。

さらに1位から5位の奈良県までは順位も変わらず昨年度と同じランキング結果となっていることから、不動の魅力度を誇る都道府県であることがうかがえます。

また、大きく躍進したのが福岡県で、昨年の10位から5位までの大躍進となっています。

 

観光で行きたい都道府県 トップ2のおすすめスポットがこちら!!

さてここからは、「観光で行きたい都道府県」のトップ2に選ばれた北海道と京都府について、おすすめのスポットを紹介していきます。

観光で行きたい!! 北海道のおすすめスポットがこちら!!

北海道といえば、札幌や函館、小樽などの観光名所を始め、富良野のラベンダー畑やトマムの雲海、サル山温泉で話題の湯の川温泉など、様々な観光スポットが多数溢れる地となっています。

そんな北海道で今回紹介するのは、札幌市の藻岩山です!!

こちらは日本新三大夜景に認定された絶景の名所で、夜には多くの恋人が集まることで、デートスポットとしても非常に有名な場所となっています。

山頂の手すりにカップルで南京錠を取り付けると「絶対に分かれない」という伝説もあるほどの名所で、恋人の聖地ともいえるでしょう。

また、札幌には大通公園やさっぽろテレビ塔、JRタワー展望台など綺麗な夜景を見られるスポットが多数存在します。

しかし、その中でも藻岩山は断トツの標高(531m)を誇ることからも非常に人気のこととなっています。

 

観光で行きたい!! 京都府のおすすめスポットがこちら!!

京都といえば、一度は行きたい清水寺や、幻想的な竹林で知られる嵐山のほか、老舗茶屋のスイートなどなど、魅力的な観光スポットが数多く存在します。

そんな中でも今回紹介するのは「錦市場」です。

四条通の一本北にある錦小路通にあるアーケードで、400mほどの市場には130店舗ものお店が店を構えています。

中には新鮮な食材をはじめ、京都のグルメが数多く並び、食べ歩きスポットとしても有名な場所となっています。

抹茶のソフトクリームや鮎など、お土産や食べ歩きを楽しむことが出来るおすすめスポットととなっています。

 

観光で行きたい都道府県  世間の反響は?

「ブランド研究所」の調査によって観光で行きたい都道府県に関するランキング結果が発表されたことについて、世間では非常に大きな反響が巻き起こる事ととなっています。

その中でも特に、

「京とは道路の混雑やバスの混んでる様子、更には観光スポットである寺社仏閣にあふれる人々の様子が報じられる事が多く以前に比べて敬遠されているのではないか。出来れば寺社仏閣などは静かな落ち着いた雰囲気の中で巡ってみたいと思う人が多い中で、現状ではそういった雰囲気を味わえないような気がして少し残念に思う。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「京都はたしかに風情はある。ただ、渋滞がひどい…特に外国人観光客が多くなってから更にひどくなった。外国人の方々が京都に興味を持ってくれること自体は嬉しいけど、交通に限界がある。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「京都の外れに住んでいるものです。今週からでしょうか、朝早くから嵐山線にコロコロを引いた人が目立ってきました。門川市長に言いたいことは、土休日はノーマイカーデイにして公共交通機関利用を推奨して欲しいこと。「脱炭素社会」を訴えた京都宣言を出したのは誰ですか?四条通を一車線にするならマイカー利用を減らす政策を先に打つべきです。欧米の人は徒歩、自転車の利用が目立ってきました。中村軒にも歩いてくる人が多く、京都駅から自転車で桂離宮に来る人も散見されます。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「混雑、特に外国人客が多い情報で意欲を削がれますね。大阪もその傾向はありますが、京都は顕著。また、宿泊料金が軒並み高い。いま、外国人観光客が比較的少ない神戸が穴場だと認識しています。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「門川市長の観光客増やすだけでそれに対する問題点の先見、対処は考えない無策による観光地としての魅力を阻害し住民には不便を押し付けた結果ですね。住民は誰1人として喜んでいない。やたらと民泊やホテルが乱立して賑やかではなく雑多な街になり風情も情緒も皆無。日本人なら来る気無くすのは当たり前。門川市長に来年こそ落選願います」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「福岡県民ですが、福岡ランクインしてるけど観光するとこなんてないよ。。。こっちが教えてほしいわどこ行くん?」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「北海道に来たっけなんもねぇぞ。札幌に関して言えば、時計台そんなにでかくないし、大通公園もそんなに目を引くものないよ。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

「京都は観光客多すぎてもう行きたくないな。付近の大阪や奈良も同様。訪日外国人を増やせ増やせ!っていうけど地域の情緒や風情が失って残念。やっぱり大自然の北海道ってなるわけだ。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20191113-00220389-diamond-soci

などなど、ランキング結果によって観光客が増えると逆に弊害も起きるということで、ランキング結果については賛否両論様々な反響の声が数多く寄せられることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

ベネチア 水没がヤバい!! 「水の都」と水害の悩みとは!?

五輪マラソン 払い戻し対応とは!? 払い戻し時期と二次抽選はいつから!?

羽田空港 断水の理由とは? 現在の状況と営業への影響とは?

コメント