岩崎恭子 五輪金の呪縛を語る! 振り返るバルセロナ五輪の記憶がこちら!

芸能
スポンサーリンク

世間では今年7月に東京オリンピックの開催を控える中、1992年に行われたバルセロナ五輪の女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子さん(41)が、当時の記憶を振り返っています。

この記事では、バルセロナ五輪で衝撃的な金メダル獲得を果たすも、その後成績は振るわず悩み続けてきた岩崎恭子さんが語る五輪金の呪縛について紹介します。

スポンサーリンク

岩崎恭子 五輪金の呪縛を語る!

1992年に開催されたバルセロナオリンピックの競泳女子200メートル平泳ぎ、この競技で見事金メダルを獲得したのは、当時まったくの無名でノーマークだった岩崎恭子さんでした。

当時14歳の少女であった岩崎恭子さんは、バルセロナ五輪という大舞台で自己記録を4秒以上も縮めた2分26秒65という記録を叩き出すと、見事金メダルを獲得し、一躍全世界から注目を浴びることとなったのです。

そんな彼女は表彰台でメダルを受け取ると、インタビューで涙をにじませながら「今まで生きてきた中で一番幸せです。」と答えます。

14歳の少女が放ったこの言葉は、世界中で大きな話題を呼ぶこととなり、「五輪のヒロイン」となった彼女はその後の国際大会でも大きな期待が付きまとうこととなります。

しかし、その後の岩崎恭子さんはバルセロナ五輪でたたき出した高すぎる自己記録の壁を再び破ることができずに成績も低迷します。

20歳で現役を引退すると、その後は2009年に元ラグビー日本代表の斉藤祐也さんと結婚して長女も出産しますが、9年後の2018年に離婚しシングルマザーとなります。

現在はスポーツコメンテーターや日本オリンピック委員会事業・広報専門委員、日本水泳連盟競泳委員・基礎水泳指導員、日本マスターズ水泳協会理事などを務める岩崎恭子さんですが、バルセロナ五輪から27年間がたった今、あの時の記憶をたどり振り返ることとなっています。

 

岩崎恭子 呪縛 振り返るバルセロナ五輪の記憶がこちら!

バルセロナ五輪で金メダルを書くときした時のことを振り返り、話題を呼ぶ岩崎恭子さんですが、ここからは、岩崎恭子さんが語る当時の記憶について紹介していきます。

岩崎恭子が振り返る、バルセロナ五輪金の呪縛がこちら!!

岩崎恭子さんは、バルセロナ五輪で金メダルを獲得したのちの当時振り返ると、「やはり金メダルを取ってからはかなり悩みました。」と口にします。

今でこそ、「どうやって消化し自分を認めていくかという経験ができた。今はメダルに感謝しています。」と語る岩崎恭子さんですが、当時の自身が金メダルを獲得したことによる世間の注目や反響は、14歳の少女には確実に心に負担を与えていたと言います。

 

岩崎恭子 バルセロナ五輪後の記憶がこちら!

当時は大きな心の負担を抱えていたという岩崎恭子さんは、バルセロナ五輪後の2年間ほどはあまり記憶がないと言います。

バルセロナ五輪後は自身にのしかかる負担から心を閉ざしてしまったという岩崎恭子さんは、当時学校でこそ普通にふるまっていたと言いますが、一歩学校の外に出るとずっと下を向いて人と目線を合わせないようにしていたと言います。

そんな自分に気が付いたのは大学に入学してからだと言いますが、当時を振り返ると「人間は嫌なことから忘れるもの、自分の中ではすごいつらかった出来事だった。」と語ります。

しかし、今では金メダルと折り合いをつけて現在も水泳と共に生きる岩崎恭子さんは、バルセロナ五輪での金メダルについて「自分の人生を豊かにしてくれた」といいます。

さらに当時自身がインタビューで答えた「一番幸せ」という言葉については、「その後も幸せはあった。」と語り始めると、「娘を授かったことは本当に人生で最大のこと」とさわやかに語ります。

バルセロナ五輪金メダルの呪縛と決別した岩崎恭子さんは、これからも水泳の世界で再び歩き続けます。

 

岩崎恭子 呪縛 世間の反響がこちら!!

バルセロナ五輪で金メダルを獲得したのちの当時を振り返る岩崎恭子さんに対して、世間では非常に大きな反響が巻き起こることとなっています。

その中でも特に、

「金メダルが不倫で打ち消されてしまう。凄い勿体ないな。金メダルでずっと苦しかったんでしょうが、不倫報道はもっとずっと苦しめ続けていくのかな。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「間違ってないのにね。十四年間しか生きてきてなかったんだし。あれが一生に残る幸せだったのは確かなんだし、才能がない大人たちの嫉妬だったと思う。不倫もしてる人はしてるしそんなに責め立てなくても本人の問題だよ。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「わずか14歳で…しかも初めてのオリンピックで金メダルを取った!私は、岩崎恭子さんと同じ沼津市在住ですが、この時は沼津中が大盛り上がりでしたね。パレードの写真も頂き今でも大切に保管してあります。それから、結婚と出産をされて、あの14歳だった恭子さんがお母さんになったんだと感慨深いものがありました。不倫した行為自体は許されるべき事ではありませんし、これからも何かと言われる事だと思います…が、娘さんと2人で力強く生きていって欲しいと願ってやみません。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「当時は大スター扱いだったね。でもその後は色々と苦労したんだな。でも不倫はやっぱり良くないよ。金メダルが霞んでしまった。今後は娘さんを大切に真っ当な道を歩いてほしい。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「メダルなんか取らなかったら良かったみたいなこと言うてましたけど、オリンピックの仕事やらせてもらえるのも金メダル取ったからやん。不倫騒動も金メダリストだから報道されてしまった。プラスもマイナスも有名人なんだから極端に大きくなってしまうわな。内柴氏なんかも金メダリストだからいつまでも語られてしまうし。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「当時まだ10代の若者がオリンピックに出場するということも誰も思っても見なかった。けど、岩崎恭子が14歳という史上最年少でバルセロナ五輪女子200m平泳ぎで金メダルを取ってしまったものだから、日本中が彼女を持ち上げてしまい、ずっと金メダルの呪いに苦しめられていたと思う。やっと獲得した小さな幸せですら、彼女はずっと自分が幸せになって良いのかな?と思いながら苦しんでいたと思う。だからと言って、不倫したということに対しての清算は流しきれるわけではないけど…今は、不倫したということを懺悔しながら、娘さんたちと向き合っていくしかないですね。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「14歳で、今までで最高の〜と言ってしまった事が世間には後を引いてしまったのかなと、少し思います。当人には精一杯の表現で、とても可愛らしかった。何がそんなに問題なのか、彼女の人生にそれ以上の幸せが有っては困るのか。もっともっと幸せになれる、素晴らしい人だと思います。嫉妬は醜いなあ。。」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

「オリンピックで金メダルを取ることは、とんでもない努力で水泳に、取り組んできた結果だし、誰にも文句を言われることではないと思います。一般人にはとても真似できることではないし。そのことで今もスポーツのお仕事をされているのだから万々歳では?」

引用:「ヤフーコメント」https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200104-00022043-bunshun-spo

などなど、葛藤し悩み続けてきた岩崎恭子さんに共感し、今の岩崎恭子さんにエールを送る声が数多く寄せられることとなっています。

 

あわせて読みたい。

関連記事:

徳光和夫 苦言で紅白にズバリ! 紅白にががっかりした理由がこちら!

U字工事 事務所移籍がヤバい! 退所の報告と、二人が綴る感謝がこちら!

福原愛 語学力が凄すぎる! 東北弁と台湾弁の二刀流がヤバい!

コメント